9632584.png 
(イメージです。)


1
:2015/04/20(月) 17:58:01.91 ID:
2015年4月19日、韓国・聯合ニュースによると、日本、韓国、ドイツの市民団体がドイツで日本の第2次世界大戦当時の強制徴用と靖国神社参拝を糾弾するキャンドル集会を開くという。
 
韓国の市民団体・民族問題研究所は「5月7日にベルリンで、10日にハイデルベルクで、日韓独の国民が参加し、日本の蛮行を糾弾するキャンドル集会を開く。毎年8月、日本の靖国神社一帯で開かれる集会を、今年は初めてドイツで開くことになった」としている。

さらに、「靖国反対共同行動韓国委員会など韓国の市民団体と靖国神社参拝に反対する日本の市民団体が2000年代半ばから靖国参拝に反対するキャンドル集会を行ってきた」とし、「今回の集会で女性勤労挺身隊、慰安婦、シベリア抑留者、捕虜監視員、炭鉱労働者、軍隊徴用者など7人の強制徴用者の証言を映像と冊子にして配布する予定だ」という。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「これが愛国心だ。心から感謝する」
 
「応援する」
 
「民族問題研究所の方が政府よりも優れている。政府は日本の顔色ばかり見て、ものも言えず、対策もせずに愚かなことばかりしている。一民間団体がこのように大きな仕事をしていることは驚くべきことだ。熱烈に支持する」

「日本の政界も少しはまともになってくれれば良いんだが」
 
「日本はドイツと異なり、第2次世界大戦で人々を抑圧して被害を与えたことを心から謝罪していない」

「何だって?ソウルで中東の国の人が反米デモをしたらどう思うだろう?」
 
「外国まで行って野蛮なことをするな。国の恥だ」
 
「みっともないから、やめてくれ」

「東アジアだけでなく、世界が日本の醜い姿を見始めたんだな」
 
「靖国神社には約230万の英霊が祀られている。その英霊の中には、朝鮮半島出身日本人の英霊も約2万1000人合祀されている。米大統領は参拝しなかったが、多くの西ヨーロッパ・東南アジア・西南諸国の元首が参拝している。台湾の李登輝元総統も参拝した。朴槿恵(パク・クネ)は正しい歴史認識を持って、日本訪問の際、靖国神社を参拝する必要がある」
 
http://www.recordchina.co.jp/a106707.html