7113235069_1da77afa9b_n.jpg 
photo credit: Credit Card Issuers via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/04/21(火) 18:42:49.20 ID:
今後、国民年金保険料が滞納されたり、国民年金保険料が負担になる事業所では、1000万ウォンまで保険料をクレジットカードで支払うことができるようになった。

保健福祉部は21日午前、ソウル政府庁舎で開かれた閣議で、このような内容が盛り込まれた国民年金法施行令の改正案を審議、議決したと明らかにした。

改正案は、健康保険と雇用・労災保険と同様に国民年金保険料も1000万ウォン以下までクレジットカードで支払いができるようにした。ただし納付金額の1%以内で手数料を支払わなければならない。

この日の閣議のでは福祉部が昨年立法予告した国民年金法改正案も議決された。改正案は、国民年金に加入した仕事をやめて収入がなくなった経歴断絶女性が、後で義務契約期間の10年分の保険料を納めて、老後に国民年金を受けることができるようにした。

一例として、国民年金に3年間参加して結婚した後、58歳になった主婦Aさんの場合、現在は任意加入を2年しても最小契約期​​間の10年を満たすことができず、年金を受けることができなかった。しかし、改正案が施行される場合、保険料530万ウォン(99万ウォンの所得基準、5年分の保険料)を後日納付すれば、20年の合計4000万ウォンの年金を受けることができるようになる。

このような将来の支払い保険料は、分割納付も可能である。福祉部は、現行の最大24ヶ月の分割納付を60ヶ月まで可能なように推進する計画である。

福祉部は、保険料を納付したことがあるが、配偶者が国民年金などに加入して、これまで国民年金に加入することができなかった446万人の無所得配偶者が年金を受けることができるものと期待した。

改正案はまた、国民年金保険料を納付していない時に障害が発生したり、死亡した場合にも、一定の要件を満たしていれば障害・遺族年金を受けることができるようにした。

配偶者の死亡などで遺族年金受給権が生じた場合、遺族年金を放棄し、本人老齢・障害年金を選択すると、今までは遺族年金の20%を追加で支給されたが、今後は30%を支給する。これにより、遺族年金額は月平均2万6000ウォンが引き上げられる。

国民年金額の物価反映時期も現行の4月から1月に前倒しにした。これにより、国民年金受給者1人当たり年間1万3000ウォンの保険料の引き上げを受けることになる。

ソース:アジア経済 2015-04-21 13:31(機械翻訳)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=277&aid=0003481850