1:2015/04/21(火) 18:24:27.49 ID:
(写真)
32f7cb77.jpg 
 
c5636641.jpg  
2015年4月17日、香港のアジア・タイムズ・オンラインは「米国は強みを失い、インドは韓国からの武器調達を望む」と題した記事を掲載。20日付で中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

インドのマノハール・パリカル国防相はこのほどソウルを訪れ、韓国の韓民求(ハン・ミング)国防長官と会談、韓国から武器を調達する意向を示した。パリカル国防相は韓国からインドへの技術提供や軍事工場への投資、武器・システムの調達を望んでおり、中国・パキスタンと領土問題が存在するインド北部及び西部地域の防衛強化を図る狙いがある。

1962年、中国軍がインドに侵攻し中印国境紛争が発生。パキスタンとは、カシミール地方をめぐり、過去に3度紛争が起こっている。中国はパキスタンに武器を提供しており、その数は米国を超える。また、パキスタンにおいて、軍事的意義のある港と道路を建設しており、これにより中国は
インド洋に通じる陸路を確保できる。

インドがいかにして外部からの脅威に対抗するのか、それは、自国の国防産業の強化が必要不可欠であり、この方面でインドは今、援助を必要としている。

ソース: Record China
http://www.recordchina.co.jp/a106756.html

【軍事】韓国・インド国防相が会談 防衛産業の協力強化へ[4/17]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1429276408/