8838788351_a9f07ec8e1_n.jpg 
photo credit: Japan Ground Self-Defense Force. via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/04/24(金) 00:52:36.71 ID:
自衛隊技官、重要機密情報を中国へ漏洩疑惑 防衛省内パニック、国会安保審議に影響か

2015年4月21日 23時0分 ビジネスジャーナル
http://news.livedoor.com/article/detail/10033084/

 今、防衛省を深く悩ませる疑惑が持ち上がっている。この疑惑が事実なら、安倍政権が推し進める集団的自衛権の法整備がストップしてしまうほどのスキャンダルになる代物だという。全国紙の防衛担当デスクが打ち明ける。

「先週から『自衛隊の技官が中国側に取り込まれ、重要な情報を漏洩した』という情報が防衛省内を密かに駆けめぐっています。クラブ詰めの記者たちが確認に走り、『警視庁公安部がスパイ事件として内偵している』という話まで流れ、警察当局側にも飛び火しています。もし立件されたら秘密保護法違反第一号になる可能性もあるため、収拾がつかない状態です」

 当サイトに寄せられた情報を総合すると、騒動が持ち上がったのは先週半ばのこと。テレビ東京の記者を名乗る人物が、東京・市ヶ谷の防衛省統合幕僚監部に取材をかけたのが発端だった。同部は、全国の自衛隊員を取り仕切る本部のことで、陸上・海上・航空の3つがある。同省関係者が語る。

「その記者は『自衛隊の技官が、重要な設計図を持ち出して中国側に渡した』と取材をして回ったようです。しかも『警視庁外事2課の公安捜査官たちが追っている』とまで言ったものだから、こちらも慌てざるを得なかった」

 しかし、記者の質問をよく聞くと、情報漏洩したとされる技官を特定しておらず、肝心の設計図も具体性がない。そのため普段なら防衛省も取り合わない代物だが、NHKや朝日新聞が次々と取材をかけ同じ質問をぶつけてきたため、同省はパニックになったという。

「安保法制をめぐって与党協議が正念場に差しかかっている緊迫した時期だけに、防衛省としては非常にまずい事態です。マスコミがニセ情報をつかまされて空騒ぎしている可能性もありますが、いずれにせよ、情報の出所をふくめて調査に走ることになったのです」
(前出・防衛省関係者)

●警視庁内も混乱

 重要な設計図と質され、真っ先に疑われたのは海上自衛隊だった。日米共同で運用されている潜水艦やイージス艦の設計図は、機密情報の固まりといわれるからだ。過去にも、旧防衛庁技術研究本部に所属していた元幹部技官が2000年、潜水艦に関する論文を不正に持ち出し、警視庁公安部が窃盗の疑いで立件している。持ち出した論文は中国と通じる貿易会社に渡っていた。防衛省ではこうしたケースを参考に、技官を徹底して洗い出しているという。

 しかし、海上自衛隊所属の技官だけで2000人近くいるため、「情報漏洩を調べる部隊が動いているが、これだけの人数を調べ尽くすのは不可能」と防衛省クラブ詰めの記者も肩をひそめる。

 一方の警察の動きはどうか。警視庁クラブ詰めの記者が言う。

公安部上層部に報告は上がっていないようです。もし疑惑が本当だとしても、これだけの騒ぎになってしまったら、すでに証拠品は消されているでしょう。警視庁内も混乱しています。内偵中の事件を上につぶされた外事2課が腹いせにリークしたという説から、集団的自衛権の国会審議をこれ以上進めたくない野党や左翼陣営が、記者を使ってデマを流し防衛省を混乱させたという謀略説まで取り沙汰されています」

 この疑惑調査のために、防衛省・自衛隊の本来業務が一部でストップしているとまでいわれる。
そこに“情報源”の狙いがあるのだとしたら、前代未聞のデマ騒動として記憶されるに違いない。


(文=編集部)