7074226347_45a314b278_n_201505060920345cd.jpg 
photo credit: Korean flag via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/05/06(水) 01:20:40.14 ID:
2015年5月5日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は4日開いた首席秘書官会合で、対日外交政策堅持のため、外交部門の主要担当者を留任させる方針を伝えた。環球時報(電子版)が報じた。


朴大統領は同会合で、韓国は歴史問題で国際社会で「埋没」することに対応すべきではないと主張。歴史問題をきちんと処理し、米韓、日韓、中韓関係などは個別に論じるべきだとした。

そのうえで、外交部門は目標を明確にし、達成に向けて協力するよう指示した。

韓国では最近、歴史問題などでの強硬姿勢により「国際社会で孤立している」との指摘が出ており、外交部門の交代を求める声が広がっていた。朴大統領はこれに応えず、現在の布陣で外交政策を進める方針を示したことになる。

(翻訳・編集/大宮)
ソース:Yahoo!ニュース Record China 5月6日(水)0時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150506-00000001-rcdc-cn