2562090457_6328a2c1e3_n.jpg 
photo credit: NYT building sign via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/05/09(土) 23:57:09.72 ID:
2015年5月8日、韓国・ニューシスによると、米紙ニューヨーク・タイムズは7日(現地時間)、ニューヨークのネイルサロン業界の労働法問題などについての特集記事をインターネットサイトに掲載した。

同記事は英語のほかに韓国語や中国語、スペイン語でも読むことができる。同紙が韓国語の記事を掲載するのは初めてのことだという。

「素晴らしいネイルの醜い面」と題する記事によると、ニューヨークのネイルサロンの70~80%は韓国人が経営しているが、多くの従業員が不当な扱いや人種差別、虐待に苦しんでいる。多くの従業員が最低賃金よりも低い賃金で働いており、ニューヨークの裁判所にはネイリストからの訴状が多く届いている。

また、現地のネイリストによると、韓国人経営者らは日ごろからほかの民族を卑下する発言を連発しており、ヒスパニック系と非アジア系従業員を一番下に位置付けているという。韓国人以外の従業員が飲む水の料金を請求したり、お客さんが少ない日には賃金を払わないこともある。そのほかにも、「韓国人以外の従業員は12時間の勤務中に一言も話すな」、「韓国人以外の従業員は小さなキッチンで食事をするように」と指示されたという。従業員らは「なぜ私たちを差別するのか?私たちは皆、同じ人間だ」と訴えている。
 
これについて、韓国のネットユーザー以下のようなコメントを寄せている。
 
「初めてのハングル記事がこんな内容だなんて…。恥ずかしくて悲しい」
 
「韓国人の人種差別問題は深刻だ。白人にはぺこぺこするのに、ほかの有色人種のことはばかにする。反省して変えていかなければならない」

「韓国だけかと思ったら、外国でも同じことをしているんだね…」
 
「韓国人が差別を受けているという記事かと思ったら逆だった(笑)」
 
「同じ人間だが、技術には差がある。扱いに差があっても多少は我慢するべきでは?」

「ニューヨークの韓国人たちは、自分たちを恥ずかしいと思う必要はない。人種差別のない国がこの世に存在するか?東南アジアの人たちを見てみろ。 白人や日本人に目の色を変えるのに、そのほかのアジア人には見向きもしない。ニューヨーク・タイムズがこの記事を掲載すること自体が韓国人に対する人種差別だ!」

「親日国に変わった米国はこんな記事まで出すようになったのか…。絶妙なタイミングで嫌韓感情をあおっている」
 
「韓国人のネイル技術はほかの国の人たちよりもはるかに優れているという事実も掲載してほしい」
 
「ヘイトスピーチなどの人種差別をする日本人を批判できなくなる。自分たちはもっとひどい差別をしていたなんて…」

(翻訳・編集/堂本)
Yahoo!ニュース Record China 5月9日(土)23時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150509-00000048-rcdc-cn