1:2015/05/21(木) 22:50:41.82 ID:
▲趙顕娥(チョ・ヒョンア)前大韓航空副社長(写真=中央フォト)

「ナッツリターン」事件の女性乗務員が趙顕娥(チョ・ヒョンア)前大韓航空副社長の厳罰を求める嘆願書を提出した。趙顕娥前副社長に対する控訴審の宣告は明日に迫った。

趙顕娥前副社長にマカダミアナッツをサービスした女性乗務員は嘆願書で、「趙顕娥前副社長をもてなす14時間のフライトは恐怖の中に閉じ込められた記憶」とし「趙顕娥前副社長の一家が恐ろしくて会社に戻る考えになれない」と訴えた。

続いて「大韓航空側が偽りの陳述を強要する見返りに教授の席を提案した」と明らかにした。

この女性乗務員は米ニューヨーク州クイーンズカウンティ裁判所に趙顕娥前副社長と大韓航空を相手取り損害賠償訴訟を起こし、3月中旬から9月中旬まで休職中の状態だ。

これに対し趙顕娥前副社長側の法律代理人は「偽りの陳述を強要する見返りに教授職を提案したことはない」と釈明した。

趙顕娥前副社長は2月12日の一審で、航空保安法上の航空機航路変更、航空機安全運航阻害暴行と刑法上の強要、業務妨害の4件の容疑で懲役1年を言い渡された。

趙顕娥前副社長に対する控訴審の宣告公判は22日午前10時、ソウル高裁で開かれる。先月の結審公判で検察は趙顕娥前副社長に懲役3年を求刑し、趙顕娥前副社長は「反省の心で生きていく」として善処を訴えた。

ソース:中央日報日本語版<女性乗務員、“ナッツ姫”大韓航空前副社長の厳罰を嘆願>
http://japanese.joins.com/article/755/200755.html