4115157885_7213fd0cb4_n.jpg 
photo credit: I can buy a fake Big Mac! via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/05/25(月) 08:50:22.40 ID:
 韓国銀行大手のウリィ銀行が昨年、数千ドル規模の偽造紙幣を偽造だと知らないままで海外に持ち出していたことが分かった。
 
24日に本紙が入手した「2014年度外貨偽造貨幣摘発現況」によると、ウリィ銀行はドル、人民元、円、ユーロなどの偽造紙幣を香港の外国為替市場に送ったところ、鑑定で額面にして7231ドル(約88万円)分が偽造と判明した。

 資料によると、昨年韓国の市中銀行が海外に持ち出し、現地で摘発された偽造紙幣は7247ドルで、うち7231ドルをウリィ銀行が占めた。残る16ドルは農協銀行によるものだった。その他主要銀行は偽造紙幣の海外持ち出しを摘発された例はなかった。ウリィ銀行は13年にも海外持ち出し後に摘発された偽造紙幣1万708ドルのうち8738ドルを占めた。

 このため、ウリィ銀行の偽造・変造紙幣鑑定能力に問題があるのではないかとの指摘が出ている。

銀行は両替需要がない汚れた紙幣や旧紙幣を海外に輸出する形で処分する。韓国国内で外貨両替用に使った残りから偽造紙幣が見つかった形で、同行の窓口から相当額の偽造紙幣が市中に流通した可能性が指摘されている。

 ウリィ銀行は「外貨偽造紙幣の鑑定業務を香港にある外国銀行に委託したのが誤認されたものだ。

(鑑定を依頼した)紙幣は韓国市場で売却しないものなので、偽造紙幣が韓国国内に流通した可能性はない」と説明した。
 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/05/25/2015052500448.html 
 
=管理人補足=
ウリィ銀行(ウリィぎんこう);
大韓民国に所在する銀行。本店はソウル特別市に置く。

概要;
創業は、大韓帝国時代の1899年、初の民族資本による大韓天一銀行にさかのぼる(当時、国内には日本資本の第一銀行が存在していた)。 アジア通貨危機下の1998年、韓一(ハニル)銀行と韓国商業銀行が合併しハンビッ銀行として誕生し、2002年5月現在の行名に変更した。

国内での預金高では、朝興銀行を買収した新韓銀行に抜かれ、現在第3位。銀行の全株式をウリィ金融持ち株会社が保有し、韓国証券取引所(証券コード:53000)とニューヨーク証券取引所(証券コード:WF)に株式を上場している。傘下には国内の地方銀行である光州銀行と慶南銀行、証券、クレジットカード等の子会社を有する。
 
また、1998年のアジア通貨危機以降、韓国大手銀行7行で唯一の純韓国系資本銀行である。 
 
2004年12月7日、北朝鮮に開城工業団地支店を開設した。
 
日本の金融庁の分類では「外国銀行」となり統一金融機関コードは0477で、東京支店は港区虎ノ門にある。
 
wikiから抜粋
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%82%A3%E9%8A%80%E8%A1%8C 
 
なお、東京支店は5/7に移転。
新住所:東京都港区東新橋1 丁目 5 番2号 汐留シティセンター 10階
www.wooribank.co.jp/