8033643176_ebf26cfd40_n.jpg 
photo credit: Gaillimh via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/05/26(火) 21:34:55.82 ID:
2015年5月19日、集団的自衛権の行使を可能にする安全保障法制の関連法案が今国会の争点となっている中、韓国のインターネット掲示板に「第二次世界大戦における日本海軍の戦力はすごかった」と題したスレッドが立ち、ネットユーザー間で論議を呼んでいる。

スレッド主は、かつて大日本帝国海軍が保有していた艦艇について、空母、駆逐艦、潜水艦、工作船、魚雷艇などの数量を細かく列挙しており、その規模の大きさに「思った以上に戦力がすごい。米海軍には劣るものの、世界第2位の海軍になっていたのではないか」と驚いている。

これを受け、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「確かに海軍だけはドイツやフランスよりも上だったかもね」
 
「でも陸ではソ連軍にボロ負けだったよね。海軍もミッドウェー海戦で米軍に相当やられてたし」
 
「建艦技術自体が大したことないから空母が一隻当たっただけで大打撃。それに比べ米国のヨークタウン(航空母艦)は何度生き延びたことか」

「日本の製造スピード以上に米国が撃沈させるスピードが速かったけど」
 
「いくら海軍がすごかったとしても結局は米国に負けている。日本にしろドイツやイタリアにしろ、相手が悪かった」

「米国の海軍を相手にやられなかった国なんてあるのか?」
 
「当時の海軍1、2位が戦うなんて、太平洋戦争は歴史的に見ても一番大きな海洋戦争だったんだな」

「日本の海軍が米国を攻撃せずにソ連を攻撃してたら、韓国の(日本からの)解放は遠い夢だっただろうね。当時の日本のお偉いさんに頭のキレる人がいなくて良かった」

(翻訳・編集/松村)
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20150523/Recordchina_20150523047.html 

=管理人補足=