963222.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2015/05/25(月) 11:11:29.99 ID:
暴言と過激な言動、親盧武鉉派が復活
故・盧武鉉元大統領没後6周年追悼式で野党内の対立が表面化
息子の盧建昊氏は与党代表に「盧元大統領を死なせた」「反省もしていない」などと暴言
親盧派は非盧派の同じ野党議員にも「ごみ」「裏切り者」と侮辱
 
 慶尚南道金海市進永邑のポンハ村にある故・盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の自宅で23日に開催された盧元大統領の没後6周年追悼式は、野党内での本格的な路線闘争を予告すると同時に、盧元大統領と親しかった親盧派とそれ以外の非盧派の対立がこれまで以上に深まる場になった。野党内部で混乱が深まることで、今後は与党との関係も一層厳しいものになる見通しだ。

 盧元大統領の長男・盧建昊(ノ・ゴンホ)氏(42)は政権与党の代表として追悼式に出席した与党セヌリ党の金武星(キム・ムソン)代表に対し「権力を使って元大統領を死に追いやっておきながら、反省もない」などと暴言を浴びせた。


建昊氏はさらに「国家の最高機密である首脳会議の議事録まで選挙のために利用し、国の権力を総動員して少数派を抹殺した。このように社会全体で際限なく地域対立、イデオロギー対立をあおっておきながら、権力だけは絶対に手放さず、私的な欲望ばかりを満たそうとしている」「国の基本秩序を根本から揺るがせた」などと非難した。
 
これら建昊氏の発言を受け、野党の一部議員や、親盧派の中でも特に古くから盧元大統領を支持してきた議員らは「これこそ盧武鉉マインド」などと叫びながら称賛や歓声を送った。

野党・新政治民主連合のイ・ヘチャン議員やノサモ(盧武鉉を愛する会)の中心メンバーとして古くから活動してきた文盛瑾(ムン・ソングン)氏、明桂南(ミョン・ゲナム)氏ら親盧グループは、来年の国会議員選挙と2017年の大統領選挙を前に、親盧派のアイデンティティーをあらためて確立し、与党との対立軸を設定して選挙に臨む戦略を明確にした。

 新政治民主連合の文在寅(ムン・ジェイン)代表は追悼式が終わった直後「今こそ盧武鉉・金大中(キム・デジュン)元大統領の心を安かにしてさしあげよう」と呼び掛けたが、建昊氏や親盧グループの暴言に対する遺憾表明などはしなかった。

このように親盧派が声を大にし始めたことで、今年2月に党代表に就任し、「有能な経済政党」「安保政党」といった中道路線を掲げてきた「文在寅体制」も壁にぶつかった。「親盧」を「親文(文在寅代表)」にすることを目指す文代表の思惑にもブレーキがかかった。

 新政治民主連合内部の親盧と非盧の両グループの対立は以前から非常に深まっていたが、盧建昊氏の演説と追悼式における非盧派への攻撃はこれに油を注いだ。親盧派はキム・ハンギル議員には「ごみ」、無所属の千正培(チョン・ジョンベ)議員には「裏切り者」といった非難を浴びせ、ペットボトルなどを投げ付けた。
 
キム議員は24日「少し気に入らないことがあるからといって周囲に暴言を浴びせ、脅すような態度を取ってよいのか」と不満をあらわにし、野党の中堅議員らも「今度こそ本当に終わったと思った」などと口々に語り合った。
 
盧元大統領の夫人、権良淑(クォン・ヤンスク)氏が住むポンハ村の私邸でも、野党の前職・現職議員らの間でののしり合いが続いたという。非盧派内からは「(親盧派の過激な言動は)全て文代表やイ・ヘチャン議員らが了解していた」と主張している。

 一方で文代表はこの日、党革新委員長に金相坤(キム・サンゴン)元京畿道教育監を任命した。
文代表は非盧派が推薦した金氏を通じ、今後の国会議員選挙に向けた公認問題や派閥間の対立を解消する糸口をつかみたいと考えている。しかしポンハ村でのいざこざを受け、野党内部では「ここまで不信が根深くなっているのに、本当に刷新などできるのか」といった疑問の声も広がり始めている。


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/05/25/2015052500722.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/05/25/2015052500722_2.html 

=管理人補足=
google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。

盧武鉉6サイクル追悼式...建昊さん、キム·ムソン代表に苦言「波長」/ YTN
2015/05/23に公開
 
[アンカー]
高ノ·ムヒョン前大統領の逝去6サイクル公式追悼式が慶南金海市ボンハ村で開かれました。

する必要があり代表が初めて公式に出席した中で盧前大統領の息子建昊氏がキム·ムソン代表面前で書いた音を吐き出し波長があると思われます。

政治部取材記者接続します。イ·マンス記者!

高盧武鉉前大統領の追悼式にする必要があり代表が初めて一緒に参加したんですって?

[記者]
今日の午後2時、慶南金海のボンハ村で高ノ·ムヒョン前大統領の逝去6サイクル追悼式が開かれました。

追悼式には、盧前大統領の家族とノサモ会員など約3千人が参加しました。

また、セヌリ党キム·ムソン代表と新しい政治連合ムン·ジェイン代表などである必要が代表が初めて盧前大統領の追悼式に同時に参加しました。

追悼式には、必要があり指導部も大勢姿を見せたりしたんです、盧前大統領の息子建昊氏が追悼の辞を使用して与党指導部に向かって鋭い発言を吐き出して追悼枚しばらく騒がしくこともありました。

建昊氏は権力に元大統領を死に追い込んだと決心したよう与党を批判しました。

続いて元大統領がNLLを放棄したと、通常の会議の議事録の一部を選挙戦で読んでも、処罰されたこともなく、反省したこともないとキム·ムソン代表を直接狙ったりもしまし、ノゴンホさんの追悼辞を現時点ではみましょう。

[ノゴンホ、高盧武鉉前大統領の息子]
「権力に元大統領を死に追いやって、それでも足りず、選挙に勝つために、国家機密文書を引っ張ってくると詠ん当て、国家情報院を動員しコメントつけ従北無理解台が昼夜を問わず、メディアに流したが、突然現れシニ本当にデインベの風貌をお目にかかるそうです。 "

追悼式が終わった後、セヌリ党キム·ムソン代表は、特に立場表明せずに会場を抜けたことで知られましたが、イベント後も慌しい雰囲気は続きました。

いくつかの参加者がキム·ムソン代表はもちろん、金ハンギル前に、新しい政治連合の代表と無所属千正培議員に向かって水を流しながら荒く抗議したと伝えられました。

今日追悼式で建昊氏が与党代表に向かって直接強度の高い非難をして、野党人事さえ歓迎されないのに、しばらく議論があると思われます。

今までの国会でYTNイ·マンスです。

 
以下、wikiからの抜粋です。
ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%A7%E6%AD%A6%E9%89%89

盧 武鉉(ノ・ムヒョン、노무현、1946年9月1日(旧暦8月6日)- 2009年5月23日);
大韓民国の政治家、第16代目韓国大統領(2003年-2008年)。本貫は光州盧氏。
カトリックの洗礼名を持っていて、洗礼名はユストだが、妻は仏教徒で遺骨も実家近くの仏教寺院に納められている。一部の進歩陣営では、盧武鉉を"ノチャン"と呼ぶ。妻の権良淑(クォン・ヤンスク)とのあいだに1男1女。歴代で初めての、日本統治時代を経験していない世代の大統領である。

その他;
尊敬する人物はリンカーン、金九。リンカーンについては著書もある。
趣味はヨット。大統領就任以前、スクールで学ぶために来日したこともある。ただし、ヨットはブルジョア趣味なので、韓国で公にされることはない。
身長は168㎝。血液型はO型。