635523.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2015/05/31(日) 14:08:48.63 ID:
2015年5月30日、中国メディアの新浪は、30日夜に発生した小笠原沖を震源とするマグニチュード8.5の地震に関連し、地震発生時の様子について中国人留学生の報告を伝えた。

地震発生時、東京都内の電器店にいたという中国人留学生の薛さんは、「2分近く揺れが続き、最も強い揺れの時は立っていられないほどだった。
 
店内の客は、地震だと分かるとすぐに携帯電話で調べ始め、店内アナウンスでも地震の状況を伝え、落ち着くように呼びかけていた。
 
震度が分かると、明らかにまだ揺れているにもかかわらず、周囲の日本人は何事もなかったかのように買い物を続けた」と伝えた。

この報告が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「全体的な民度がここに体現されている」
 
「自分たちの建物に対する自信の表れだね」
 
「これは日本の建築物は品質が高いことを説明しているな」

「日本人が慌てないのは、建物の耐震能力が保障されているからだ」
 
「日本の建物は質が高いということだね。われわれの場合は地震が起きても逃げなかったら、救助隊を待つほかはなくなる」
 
「これは地震に慣れているからではなく、耐震設備に対する自信ゆえの落ち着きだ」

「日本では地震がごく普通のことだからだよ」
 
「しょっちゅう揺れるんだから慣れているだけだろ。民度とは関係ない」
 
「マグニチュード20の地震を彼らに与えてみたらいいさ」
 
http://www.recordchina.co.jp/a110330.html 
 
=管理人補足=
昨日のニュースです。
皆さんのご家族や周辺地域は、大丈夫でしたか?