韓国 国旗 
photo credit: South Korea Grunge Flag via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/06/02(火) 21:26:07.10 ID:
 中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染が広がった病院がある韓国・ソウル郊外の京畿道では、急きょ休校にするなど教育や医療の現場に動揺が広がっている。

 5月に中東4カ国の訪問から帰国した最初の感染者の男性(68)は、発熱があり医師の助言を受け政府の疾病管理本部にMERS検査を求めた。しかし男性の訪問国をバーレーンだけと聞いた同本部は「MERSの発生国ではない」との理由で一度は断り感染確認は2日遅れた。

 一方、保健や司法当局は「不確かなうわさを流した者は罰する」と表明し、政府への批判をけん制。病院名を公表してほしいとの地元の要望にも応じていない。

 地元の別の病院では、感染者が出たとみられる複数の病院のリストを張り出し「これらの病院へ行った人は申し出て」と呼び掛け、感染者の来院を恐れるような対応も出ている。

(共同)
http://www.sankei.com/world/news/150602/wor1506020029-n1.html 
 
=管理人補足=
google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。

「病院名公開すべき」vs. 「不安だけより育て "/ YTN
2015/06/02に公開
 
[アンカー]
メールス拡散され、「一体感染者が出てきた病院がどこか」は疑問が大きく、不正確なうわさも無差別流れています。

したがって、むしろ病院のリストを公開するのが混乱を減らすことができるの声が出ているが、政府は、そのできないという立場に対立しています。

ギムギボン記者です。

[記者]
SNSやインターネットを介して漂っている「メールス患者の病院」のリスト。

それ以上、一線の病院の出入り口にも名簿を書いた文やつきました。

学校では、教師が生徒に「メールス病院」とし、不正確な名簿をかけることもあります。

市民の不安感がそれだけ大きくなっていくということです。

状況がこのようになると、むしろ病院の名前を言うのが漠然とした不安を鎮めることができるという声が高まっています。

[イ·ヒョンジョン、ソウル上岩洞]
「少なくともいくつかの治療をしている医療機関がどこだということを知っているその周辺もあまり店され、人々が国民の立場では "

野党まで、このような立場に力をボテトた。

新しい政治民主連合は声明の中で発生地域と病院名を公開しますが、それによって発生したその医療機関の被害は、国が補償しなければならないと提案しました。

ここで、香港当局も韓国政府にメールス発症病院リストを要求した状態です。

もし香港に通知したリストが国内に流入すると、プライベートの原則が壊れ、より面白い形になることもあります。

しかし、政府は、まだ明らかにできないという立場です。

[グォンジュンウク、メールス対策本部班長]
「医療機関の名前を間違って全体的に公開した場合、その医療機関の入院患者や利用した方の中不必要に誤解を受けたり、過度に不安に思うことを念頭に置いて...。」

地域社会と病院の被害を防ぐために決して名前を公開することができない政府と、歪みや誇張の虚偽の情報に、より大きな混乱するだけであるという反論が反対しながら議論が続いています。