3323225.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2015/06/03(水) 15:41:06.59 ID:
韓国の聯合ニュースは3日、同国で感染者が増加している中東呼吸器症候群(MERS)に関し、自宅での隔離を指示された50代女性がゴルフをしていたと伝えた。

聯合によると、ソウル在住の女性は感染者と同じ場所にいたとして、自宅での隔離対象者となった。一次検査で陰性の診断を受けた後も隔離が解除されなかったにもかかわらず、2日午前、夫と南西部・全羅北道のゴルフ場に出かけ、15人の団体でコースを回った。

当局は女性が電話に出ず、自宅にもいなかったため、警察に依頼して居場所を突き止めた。
 
女性は2日夜、救急車で夫と一緒に帰宅。「(家にいると)息が詰まるので、外の風に当たろうと思った」と話しているという。
 
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015060300530 
 
=管理人補足=
google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。

自己隔離中のゴルフ...嘘空いた管理システム/ YTN
2015/06/03に公開
 
[アンカー]
ソウルに住むメールスが分離デザイン50代の女性が全北高敞のゴルフ場に移動してゴルフを打つ12時間ぶりに位置が把握されました。

が分離の場合の生活のヒント程度を案内する水準での保健当局の不十分な管理がまな板の上に上がりました。

ベクジョンギュ記者の報道です。

[記者]
全北高敞のゴルフ場です。

ソウルでメールス単純接触者に分類され、1次検査の結果陰性判定を受けて自己の分離していた51歳Aさんがゴルフをしたところです。

Aさんは、自己の分離が解除されてもいない時点で、夫と家を出て、一行15人と一緒に全北高敞までバスに乗って移動しました。

者価格者は保健所での不正外出を防ぐために毎日二回電話して生活のヒントをご案内しています。

しかし、突起がすでに1,300人以上もの状況で完全に制御することができないのが現実です。

Aさんの場合も、午前まで通貨になったが後に電話を受けずに家にもなかったため、保健当局は急いで警察に位置追跡を依頼してゴルフ場の近くで12時間後Aさんを見つけました。

自己突起の管理に穴があいた事例はまたあります。

全北井邑から、自己絶縁された20代の女性がバスに乗って光州に移動することもしたし、最初の感染者と同じ病室にとどまっ40代の男性が中国出張をしながらメールス輸出国という汚名獲得し​​ました。

監視網にかかっていない接触者が街を闊歩する状況まで出不安は大きくなっていきます。

[廷臣回、全北高敞郡ゴチャンウプ]
「メールス(突起)が1,300人程度になるとする、感染したとしても、顔に表示が出るわけでもなく、自分自身も感染する可能性がありますよね。エボラやエイズよりも大きな災害になると思いますよ。」

ずさんな管理も問題だが、特定の対象者自らのヒントを対処しなければメールス拡散を防ぐことができるという声も高まっています。

[保健当局関係者]
「法的に自己隔離命令に違反した場合、過料300万ウォンを課すことになりますよ。私たちは強制的にすることができる部分がそれですよ。(文字価格者が)意識を持って支援する必要がです。意識が重要な問題でしょう。」

隔離対象者は、2週間の独立空間で一人で生活しなければ、他の人と顔を合​​わせ触れず、マスクを必ず使わなければなり。

YTNベクジョンギュです。
 
 
google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。

メールス3次感染3人確認...感染経路は? / YTN
2015/06/03に公開

1次感染者ではなく、2次感染者が第3の人物に戻ってメールス感染症を引き起こした。

3次感染の可能性は低いという政府の予想は完全に外れました。

今まで保健当局が明らかにしたメールス感染患者は30人であり、このうち3次感染者はすべて3人です。

昨日2人が確認され、今日の夜明け一人追加されました。

その後、3次感染はどのように行われ、3次感染を起こした2次感染者の移動経路は、どうなるのか見てみましょう。

3次感染を起こした16番目の感染者は40歳の男性です。現在までに確認されたところでは、この男性から、すべての3人メールスに感染したんです。

23番目と24番目と30番目の患者こう3人です。

この40代の患者は、1次感染者が入院したB病院で手術治療を受けて先月15日から17日までの三日間入院しました。

同じ病室はなかったような層で治療を受けて退院しました。

ところが、退院後の患者が20日から、体に熱が出始めました。

ちょうど政府当局は、中東地域を行ってきた60代の男性と妻がメールス確定患者であることが判明したと発表しました。

六日後確定患者が5人に増え、国民の不安が大きくなると、保健当局は、地域社会電波事例がなく、まだ3回目の感染ではないと強調しました。

先月26日、当局の発表内容です。

[量炳国、疾病管理本部長]
「中東以外の地域では、医療機関内での地域社会に伝播された事例がなく、3人の患者はすべて感染経路がB病院で最初の患者が発生した2次感染例であり、3次感染ではないからです。」

40代の男性は不安でした。

高熱が続き、25日から27日までF病院、28日から30日までE病院に相次いで入院治療を受けました。

この男性は、複数の病院で治療を受けたが高熱は消えませんでした。

保健当局は、後になって、この男性が1次感染者と一緒にB病院に入院ていたことを後になって確認しました。

そして、この男性患者を隔離し、翌日16番目メールス確定患者と判定されました。

この患者は、政府当局の安易な取り組みの中でメールス1次感染者と同じ病棟で治療を受け、感染患者がされており、今では非常に健康が悪化したと伝えられました。

問題は、この患者が入院していた複数の病院で相次いで3人のメールス3次感染者が出てきたという事実です。
...(中略)