2325132644_4c3f77c72a_n.jpg 
photo credit: 050502 CCTV in Tokyo via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/06/08(月) 06:49:37.63 ID:
FOCUS-ASIA.COM 6月8日(月)2時38分配信

韓国・聯合ニュースは5月13日、ネパール地震の被災地に派遣された韓国救助チームの一部が、プロテスタントの宣教用のチラシを配布し、地元メディアから非難されたと報じた。住民の8割がヒンドゥー教のネパールで宣教活動をした行為に対し、地元メディアが批判記事を掲載するなど、世論の反発が強まっているという。

そのような状況の中、今年の5月に日本を訪れた韓国人男性が、日本で遭遇した不愉快な出来事についてネット掲示板に綴っている。この韓国人男性は、複雑な新宿駅で道に迷ってしまい、あちこち歩き回っていたところ、非常識な韓国人に出会ったという。その経験は以下のようなものだ。

「新宿駅が複雑ということは、韓国にもよく知られているが、やはり迷ってしまった。特にどこかを目指したわけではなく、新宿を散歩したいと思っていただけだが、どこに行けばいいか、ぜんぜん分からなかった。週末の新宿駅は込んでいて、人混みに任せてそのまま歩いてみることにした。駅の地下には、ケーキ屋があったり、世界的に有名な化粧品のお店や雑貨店もあった。

ところが、地上に出た時に、私は出会ってしまった...非常識な韓国人に。韓国語で「イエス天国、不信地獄」と書かれた赤い看板を手に持って立っていた。その男性は、日本語で街行く人々に声をかけている。そして、マイクを取り出し、「イエスを信じない者は地獄に行き、火に焼かれて死ぬ」と話していた。いくら宣教活動とはいえ、とても恥ずかしくなった。できれば、持っているボードに書かれた韓国語を消したかった」

このスレッドに対し、韓国のネットユーザーからも様々なコメントが寄せられた。

「まったく・・・恥ずかしい」

「蹴っ飛ばしてやればよかった」

「こういう人は出国禁止にしてほしい」

「米国に新婚旅行に行ったんだが、ハリウッドにもこういう人がいた。日本は近いから分かると
しても、こんなことをしに米国にまで行くなんて・・・すごい」

「北朝鮮に行ってもできるか?」

「恥を知らない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150608-00000001-xinhua-cn 
 
 
2: :2015/06/08(月) 06:49:52.41 ID:
「日本人はキリスト教をあまり信じない。そういう国で何でそんなことを?」 

「どうか中国語でやってくれ」 

「日本人はああいう人を見て、韓国人全体の悪口を言うと思う」 

「国に恥をかかせる方法も色々あるんだな」 

(編集 MJ)