17602479353_6aa8d8610b_n.jpg 
photo credit: 폴딩자동문(건대병원) via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/06/09(火) 21:36:19.37 ID:
韓国・朴大統領 MERS対策で「政府と医療界、全国民が協力すれば短期間で撲滅可能」
FOCUS-ASIA.COM 6月9日 21時10分配信

韓国の朴槿恵大統領は9日、大統領府で開いた国務会議で同国内での中東呼吸器症候群(MERS)の流行について、「政府と医療界、そして全国民が協力して積極的かつ有効な対策をとれば、短期間で撲滅できる」と強調した。韓国KBSワールドラジオの中国語電子版が同日伝えた。

朴大統領は「韓国には世界最高レベルの医療技術と整った防疫システムがあり、さらに過去に伝染病を克服した貴重な経験もある。全国民が政府と医療界が行う防疫活動を支持し、協力してくれるように望む」と述べた。

大統領はまた、「MERSの流行が国の経済回復に悪影響をもたらす可能性があり、観光業、流通業などへの影響も懸念されるが、必要であれば積極的な対策をとり、経済的損失を最小限に抑える」と説明した。

(編集翻訳 恩田有紀)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150609-00000048-xinhua-cn 

=管理人補足=
関連記事
「悲劇だ・・・」 ⇒ 【韓国】40代妊婦がMERSの1次検査で陽性反応・・・胎児も感染か(2015/06/09)

 
google・yahoo翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。

サムスン病院患者拡散歳折れ...鎮静局面に入るのか? / YTN
2015/06/09に公開
 
[アンカー]
メールス確定患者数が今日8人追加され、95人に増えたが、増加傾向は顕著に弱まった。
平沢聖母病院感染患者は、二日目出なかった新しい感染拠点であるソウル三星(サムスン)病院の患者も大幅に減少しメールス拡散が鎮静局面に入ったことはないかという控え目な見通しが出てきています。

チェ·ウォンソク記者です。

[記者]
37人の患者を出した平沢聖母病院に続いて、別の感染拠点となったソウル三星病院。
14番の患者を治療していた医師が、1日に初めて確定判定を受けた後、この病院で感染者が列をでした。ついに一日、新しい17名やこぼしたし、既に平沢聖母のような規模の37人を記録しました。

保健当局は、しかし、サムスン病院から感染者が発生推移は今週秒峠になると予想してみました。

[グォンジュンウク、保健福祉部公衆衛生政策官(過去6日のブリーフィング)]
「その流行の頂点に今日、明日、明後日の間には、それを過ぎての傾向が少しおさまると言えるだろう...。」

14番の患者がサムスン病院に入院していた期間が27日から29日の間であるため、平均潜伏期間を考慮すると、週末にピークだった今週半ばに潜伏期間が終わるからです。
実際にサムスン病院感染者は17人で、3人で落ち、予測が事実につながる雰囲気です。

最初由来であった平沢聖母病院の患者は、二日目切断された状態です。

[グォンドクチョル、中央メールス管理対策本部総括班長​​]
「潜伏期間を経て、患者に発症することは期間があったので、仕方なく出てくるのだが、追加の感染がない場合は、これまでとは異なり、安定的に減少傾向にんじゃないかそんな...。」

ソウル峨山と汝矣島聖母病院で発症者が出てきた感染リスク者がすべて安定した姿を見せて拡散する可能性は大きくないに見えます。したがって、今まで知られていなかった第3の病院で突発的な発生が表示されない場合メールス拡散世、今週中に整理されることができるとの見方が有力です。

YTNチェ·ウォンソクです。