4494115015_6476fe24d6_n.jpg 
photo credit: Warning! via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/06/09(火) 21:12:23.59 ID:
韓国政府が「いまさら」の検討!MERS警戒レベルを「注意」から最悪の「深刻」に引き上げへ―韓国メディア
Record China 6月9日 20時53分配信

2015年6月9日、環球網は韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国の崔●煥(チェ・ギョンファン、●は「日」の下に「火」)経済副首相兼企画財政部長官が、中東呼吸器症候群(MERS)流行に対する警戒レベルを現在の「注意」から「深刻」に引き上げる必要性を訴えたと報じた。

韓国の感染症流行に対する警戒レベルは低い順から「関心」「注意」「警戒」「深刻」に分けられており、先月20日に最初のMERS患者が確認された時に衛生当局は「注意」としていた。
 
崔氏は9日から毎日、政府の各部門によるMERSの流行阻止に向けた会議を開くと表明しており、この日、MERSコロナウイルスに感染した人や感染の疑いのある人の診察費を政府が全額負担することも発表された。

(翻訳・編集/野谷)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150609-00000074-rcdc-cn 

=管理人補足=
google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。

「選別診療所運営...メールス治療全額支援」/ YTN

2015/06/09に公開
[アンカー]
政府が全国の医療機関の緊急治療室にメールスが疑われる患者を別々に治すことができる選別診療所を設置し、運営することにしました。また、メールス確定患者と疑われる患者に対して、すべての医療費を負担することにしました。

ホンサンフイ記者の報道です。

[記者]
最近の緊急治療室を訪問しなければならない人々は心配があります。
三星ソウル病院で緊急治療室に入院していた14番目の患者が三十人以上にメールスを感染させたからです。

[ヤンギョンスン、済州市]
「かかったかないかかったか、当社の立場では全く区別がないでしょう。そんなことを病院でどのように行動をして持っている... "

[イシユン、ソウル陽川区]
「メールスのような場合に、目にすぐに確認することができるものではないので、むしろそのような面でより不安ではないだろうか...」

保健福祉部は、小胞体内での感染を防ぐために、全国の医療機関の緊急治療室の44%に相当する230カ所選別診療所を運営しています。小胞体の外診療施設を作って、患者が高熱や咳などのメールス疑い症状を示す場合は別に保管して診療を受けるようにすることです。

保健福祉部はこの週末まで可能な限りすべての緊急医療機関に選別診療所を設置するように誘導する方針です。

メールス関連検査や治療のためにすべての費用も国が支援することにしました。
今までの健康保険が適用されなかった抗ウイルス薬と実装部入院費用、入院診療費の両方該当します。


[グォンドクチョル、中央メールス管理対策本部総括班長​​]
「メールスローによる診療費は、患者が負担しないようにされ、これは5月20日に遡及して適用されます。 "

保健当局は、メールス関連情報を提供するポータルサイトを開設して運営することにしました。

YTNホンサンフイ[san@ytn.co.kr]です。