524747.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2015/06/10(水) 08:28:36.00 ID:
速報:韓国MERS感染者新たに13人確認 計108人に

聯合ニュース 2015/06/10 08:24 KST
http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20150610000500882 
 
 

16
: :2015/06/10(水) 08:31:43.35 ID:
>>1 続報 

http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20150610000600882 

速報:韓国MERS死者9人に 感染者2人が死亡 

 
=管理人補足=
 
google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。

メールス死亡9人·感染108人...妊婦患者再検査/ YTN

[アンカー]
中東呼吸器症候群、メールスにかかった死亡者が夜の間の2人増えて計9人になりました。
確定患者は13人追加されました。


三星ソウル病院でメールス陽性判定を受けた妊婦は、再検査に入りました。

取材記者接続します。バクソジョン記者!
患者の発生が減少に転じるとの見通しがあったが、追加の患者がまた13人も出ましたね。

[記者]
中央メールス対策本部は、今日、政府世宗庁舎毎日のブリーフィングで、最終的確定患者が追加で13人増え、すべて108人になったと明らかにした。
最初の感染者が感染を受けて3週間余り、一ヶ月も経たないうち100人を超えたのです。

今日追加された患者のうち、サムスンソウル病院の緊急治療室で移しは、患者が10人です。

保健当局が将来減少セールとの見通しをしたこれまでのところずっと、患者が続出しています。

10人14番目の患者が先月27日、29日の間、サムスンソウル病院の緊急治療室に入院しているときに緊急治療室を訪れた患者であるか、一緒に来た家族などです。
そして2人は16番目の確定者とそれぞれコンヤン病院、ホールの病院のような病棟にいた患者を看病した人々であり、残りの1人は15番目の確定者と翰林東灘誠心病院のような病棟に入院した患者の家族です。

特に、今回の感染者のうち、2件は、サムスンソウル病院から家に帰って発熱症状となり近所の病院を訪れ、再度大病院を訪れた事例です。

梨大木洞病院と江南ソウル聖母病院で確定を受けた患者です。

メールス対策本部は、このまま羊飼い病院での感染を受けた患者は3日から7日まで、ソウル陽川区メディヒール病院で入院治療を受けたことが明らかになり、密接接触者追跡調査と隔離措置をしていると明らかにした。

夜の間追加死亡者 2人も出たんですが。
ウルジデ病院の集中治療室で隔離治療を受けていた62歳の男性は、アルコール性肝硬変と肝がんの兵力を持っていたし、
建国大病院の集中治療室で治療を受けた75歳の女性は、呼吸困難に病院を訪れたが、多発性骨髄腫の兵力を持っていたと対策本部は説明しました。

これにより、絶縁対象者3,439人で大きく増え、現在の検査を行っている人は229人です。

一方、退院者も1人増えました。
最初の感染者に移っしまった平沢聖母病院の医療スタッフは、今日退​​院し​​て、合計4人になりました。

[アンカー]
昨日メールスに感染した妊婦のニュースYTNが...(中略)


google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。

WHO、「地域社会感染出て心配することじゃない」/ YTN

[アンカー]
世界保健機関、WHOが韓国内でメールスのコミュニティ感染が発生する可能性がありますが、心配はないと明らかにした。
韓国観光をキャンセルする動きにも韓国旅行を自制する必要がないと助言しました。

国際部の接続してメールス関連ニュース詳しく説明します。ホンソンギ記者!
WHOが韓国のメールス拡散事態に対して地域社会感染が出てくることができるという話をしたのに何を意味するか?

[記者]
結論から申し上げますと、地域社会感染が出ることが心配事はないでしょう。


WHOは、韓国で拡散しているメールス関連ブリーフィングを開いたんです。
韓国でメールスコミュニティ感染者が出てくることができると明らかにした。

しかし、地域社会感染者が出てくるとしても驚くことではない線をグオトた。
一部の地域社会感染者が発生することがありますが、大規模な普及に伴い、番地は兆候がされていないという話です。

WHOは、その根拠として韓国保健当​​局が原因を把握しており、すべての患者を追跡しているからだと明らかにした。

WHOメールスの専門家の話を直接聞いみましょう。

[ピーターベンエンバシーレック、WHOメールスの専門家]
「韓国でメールス一部の地域社会の感染例が発生しても不思議でない。患者だけでなく、患者と接触した人の両方を追跡しているので大丈夫です。」

[アンカー]
我が国で発症したメールス亜種かのWHOの公式見解も出たんです?

[記者]
WHOは、韓国で発症したメールスウイルス亜種ではないと明らかにした。
WHOのメールスの専門家であるピーター·ベンエンバシーレック博士は「ウイルスは感染したときに、常に少しずつ変わるがどのよう変化するかが問題だ」と言いました。

また「現在までの状況を見ると、韓国で発症したメールス一般的な事例と大きく変わらない」と話しました。
また、韓国のメルス発症と伝染推移が他の国と違うのは、質問にもそうではない答えました。


エンバシーレック博士は「韓国のようなタイプがサウジアラビアやアラブ首長国連邦、そしてフランスとイギリスなどでも明らかになった」と説明しました。
 
(以下、省略)