5537894072_c4e46bfce1_n.jpg 
photo credit: Numbers And Finance via photopin(license)
(イメージです。)

1
:2015/06/20(土) 10:04:35.28 ID:
 中国証券市場が連日暴落している。
 一方、韓国の店頭市場(コスダック)指数は、年中最高値を更新し、730ポイントに迫っている。


 19日、中国上海総合指数は前日より307ポイント(6.42%)急落の4478.36で取引を終えた。上海指数は今月12日、5166.35で年中最高値を記録したが、今週だけでも13.32%暴落し、4500ポイントを割り込んだ。

今週15日は2.00%、16日は3.47%が下落し、17日は1.65%持ち直したものの、18日は再び3.67%が急落した。

上海指数は、「ブラックサースデー」と呼ばれた先月28日も6.50%暴落し、市場に衝撃を与えた。

最近、上海指数は不安な流れを見せており、中国証券市場は調整期に入っているという見方が増えている。

 同日、コスダック指数は前日より4.72ポイント(0.65%)高の729.92で取引を終えた。
2007年12月13日(733.68)以降7年6か月ぶりの最高値でもある。総合株価指数(コスピ)も前日より5.08ポイント(0.25%)高の2046.96で取引を終えた。

東亜日報 JUNE 20, 2015 06:57
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015062023868 
 

MIZUHO no KUNI 関連記事
「ついに来たか??」 ⇒ 【中国株】上海総合指数が急落、4600pt大台割れ(2015/06/19) 
三菱UFJ、国内初の人民元建て債券を発行、市場活性化も視野に(2015/06/19)