1
:2015/06/24(水) 13:10:01.60 ID:
韓国での中東呼吸器症候群(MERS)流行によって急落した朴槿恵大統領の支持率が、感染拡大ペースが鈍ったことにより、ここにきてやや回復した。韓国メディアの報道として、中国新聞網が23日伝えた。

韓国の世論調査機関が22日発表した6月第3週の朴大統領に対する支持率は前週に比べて0.3ポイント上がり、34.9%に回復した。一方、不支持率は0.3ポイント下がり、60.5%となった。

支持率がやや回復したことについて同機関は、「MERSの新規感染者数が減り始め、世界保健機関(WHO)が韓国政府のMERS対策を肯定的に評価したこと、朴大統領が自ら現場を視察していることなどが影響した」と分析している。与党セヌリ党に対する支持率も0.2ポイント上がり、36.7%となった。

また、積極的なMERS対策をとるソウル市の朴元淳市長に対する支持率は、6月第2週に6.1ポイント上昇、第3週にも2.6ポイント上がり、22.5%となった。

同国保健福祉部中央MERS管理対策本部の23日付の発表によると、同日までにMERS感染者は新たに3人が確認され、計175人となったが、死亡者は前日から増えていない。

(編集翻訳 恩田有紀)

ソース:Focus-Asia 2015年06月23日
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/421480/