1:2015/06/26(金) 19:12:19.68 ID:
Record China 6月26日(金)18時1分配信
590b48fe.jpg 
 
005bbae1.jpg 

2015年6月26日、韓国・聯合ニュースによると、日本の「旭日旗」を連想させると指摘されていた韓国・釜山市民公園にある歴史館の天井の模様が変更されることになった。

釜山市民公園は同日、「問題となっていた天井を変更することに決めた。早ければ7月、関連計画を確定する」と明らかにした。また、「専門家と協議した結果、日本と関連性はないとの結論を出したが、誤解の余地があると判断したため改善することを決めた。既存の模様はそのまま残し、追加で手を加える」と説明した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「意識して見てみると、韓国の至る所に旭日旗を連想させる模様がある」
 
「なんでそんなデザインにしたの?旭日旗よりも韓国国旗のデザインの方が優雅で美しい。ただ赤いだけの国旗のどこがいいんだ?」

「白い天井に赤い線が放射状に描かれている。誰がどう見ても旭日旗!」
 
「マケドニアの国旗とそっくり」

「旭日旗ではなく戦犯旗や侵略旗と呼ぶべきだ。日本人はいまだに戦犯旗を掲げて、他国を侵略することを夢見ている」
 
「よりによって歴史館の天井に旭日旗?一体どこの国の歴史館だ?」

「ここまできたらもう病気だよ(笑)赤い放射柄アレルギー」
 
「はあ…。縞模様を見たらすべて旭日旗と関連付けて批判するの?韓国の国旗も、真ん中の部分が日本の国旗と似ているから変えようとか言いだすのか?」

(翻訳・編集/堂本)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00000066-rcdc-cn