18778675680_fc2424e14b_n.jpg 
photo credit: A330MRTT Voyager KC3 via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/06/28(日) 12:09:01.89 ID:
【ソウル聯合ニュース】

 韓国空軍が初めて導入する空中給油機の機種選定が30日の防衛事業推進委員会で決まる見通しだ。韓国防衛事業庁関係者が28日、明らかにした。

 空中給油機事業の総予算は1兆4880億ウォン(約1640億円)で、2018と19年に2機ずつ計4機を導入する。

 候補機種は欧州のエアバス・ディフェンス・アンド・スペース(エアバスD&S)のA330MRTT、米ボーイングのKC46A、イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)のMMTTの3機種。
 
事実上、エアバスD&Sとボーイングの一騎打ちとなっている。

 防衛事業庁は当初、昨年末まで機種選定を完了する予定だったが、交渉が難航したほか、予算確定が遅れ、日程がずれ込んだ。
 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/28/2015062800586.html