韓国 国旗 
(イメージです。)


1
:2015/06/30(火) 17:27:32.04 ID:
大干ばつの韓国、海水を真水にもできない水供給施設が15年間役立たず=韓国ネット「当時の関係者は今ごろ悠々自適」「韓国は15年前も腐っていた」
配信日時:2015年6月30日(火) 7時20分

28日、120年ぶりとも言われる干ばつが深刻となっている韓国で、数千億ウォンを投じて建設された農業用水供給施設が15年間一度も使われていないことが分かった。これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

写真はソウル郊外。

2015年6月28日、韓国・KBSテレビによると、120年ぶりとも言われる干ばつが深刻となっている韓国で、数千億ウォンを投じて建設された農業用水供給施設が15年間一度も使われていないことが分かった。

【そのほかの写真】

韓国農漁村公社は、忠南地域の農地への農業用水供給のため、2001年に4300億ウォン(約470億円)を投じ、供給施設を建設した。洪城地域の防潮堤から約10キロの水路をつないで造ったものだが、完成して以来、一度も使われていない。

完成当初は、上流から流れ込む畜産排水が原因で農業用水を供給できず、公社は汚染された水を海に流し、湿地を造成して水質浄化を図っていた。

しかし最近になって、今度は防潮堤の水門から流れ込む海水の問題が出て来た。昨年から水をため始めたが、塩分濃度が高く、大干ばつに見舞われた今年も農業用水としては使えない状態が続いている。
 
公社のキム・ドッキュ次長は「淡水化に向け努力していく」とし、「来年の農繁期からは部分的に用水の供給を始めたい」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「公共施設を造るときは、必ず責任部署と責任者を書きとどめておくべきだ」
 
「こういうのは、誰が責任を取るの?」
 
「15年も前だったら、当時関係した公務員は退職して年金をもらい、悠々自適だろうな」
 
「国がやることなんて、全部こうだ」

「使おうと思って造ったことくらい、みんな分かっていたただろうに」
 
「韓国はこんなもの。15年前も今も変わらない」
 
「健康保険料ばかり上げずに税金をきちんと活用しろ」
 
「懸命に勉強して公務員になった人たちが、このくらいの予想もできずに設計したのか?」

「こんな状態だとしたら、農漁村公社は職務放棄では?」
 
「李明博(イ・ミョンバク)前大統領の朝鮮半島大運河事業と比べたら、4300億ウォンはスズメの涙」
 
「この国は15年前から腐っていたんだ。15年後の今も変わらず、これから15年たっても腐っているだろう」

(翻訳・編集/和氣)

http://www.recordchina.co.jp/a112716.html 

=管理人補足=
ご参考までに。
google翻訳です。意味不明・読み難い部分もありますが、ご了承下さい。

いくにはまだ...空から見た干ばつの現場
2015/06/27に公開
 
<アンカーコメント>
続く干ばつにソヤンガンデム水位が歴代最低に近づいています。
今週恵みの雨が降った、来週初めにも雨が予報されているが、いくまでまだ道のりが遠いです。
ギムチェリン記者がヘリコプターに乗って帰ってみました。

<レポート>
国内最大多目的ダムであ​​るソヤンガンデム水位が大幅にダウンしました。
梅雨時の水がいっぱいになったときと比較すると、水の高さが大きな違いがあります。
普段水位は168mであるが、今日の水位は152.4mで150m下に降りていくと発展が中断されます。
42年の間水中にぜひロックされていたソナンダン枚茶も水面上に姿を現しました。
川の上流にも底を見せ水の上に浮かんでいるべき船地にあります。
それでも、明らかに作らなければならするで、農民は割れノンスロに長いホースをあて乾燥した土地に水を与えます。
土地を掘る水がナオジンないか、ショベルカーで水たまりも波ください。
今週下した恵みの雨のおかげで、いくつかの地域水田にようやく水が入って一杯が、まだ十分ではしないです。
梅雨の雨が週末を休んだ後、来週初め再び下るは予報に接した農心は、少しでも多くの雨が降りを期待しています。

KBSニュースギムチェリンです。