1:2015/07/04(土) 19:26:13.33 ID:
【7月4日 AFP】

韓国政府は4日、中東呼吸器症候群(Middle East Respiratory Syndrome、MERS)コロナウイルスの流行で主要な感染源となっている、サムスン財団(Samsung Foundation)が経営する病院で、新たに1人の医師の感染が確認されたと発表した。

感染が確認されたのはソウル(Seoul)にあるサムスンソウル病院(Samsung Medical Centre)の25歳の女性医師で、同国内で確認された185人目の感染者。185人のうち90人は同院でMERSに感染している。

MERSによる死者はこれまでに33人に上っているが、過去4日間で死者は出ていない。感染が確認された185人中41人は現在も入院しており、うち11人は重体。

韓国で最初にMERS感染が確認されたのは5月20日で、感染の規模はサウジアラビア以外では最大となっている。

ソース:AFP 2015年07月04日 16:30
http://www.afpbb.com/articles/-/3053634

韓国ソウルにあるサムスンソウル病院の前を歩く防護服を着た医療関係者(2015年6月11日撮影)。
(c)AFP/JUNG YEON-JE
d8129f88.jpg