17234252161_b70cfc2b58_n.jpg 
photo credit:
Hyundai i20 via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/07/12(日) 13:01:45.23 ID:
2015年7月11日、「日本では軽自動車が多く走る一方で、一度も韓国車を見かけなかった」。

ある中国人が5日間の日本旅行で感じた自動車事情について、ネット上でこう紹介すると、中国のネットユーザーは「日本車が韓国車の師匠」などと指摘。

日本のネットユーザーは「韓国車を買うのは罰ゲーム」などと自信をのぞかせている。

日本で軽自動車が主流なのではと思うほどに数多く走っている理由については「日本は資源が限られており、効率を重視する日本人は『最小の資源で最大の効果』を達成しようと考える。そのため、燃費が良く維持費が安い軽自動車が好まれるのだ」と分析。

韓国車に関しては「世界で好調な韓国車を日本で見かけないことを不思議に思い調べてみると、なんと韓国最大手の現代自動車はすでに日本から撤退していた。どうやら韓国車の強みであるデザインやコストパフォーマンスの良さは日本では通用しないようだ

「韓国車の水準では日本人は見向きもしないのだろう。韓国車が日本で成功するにはまだまだ『修行』が必要なのかもしれない」と記している。

こうした見方に中国のネットユーザーは

「韓国車は技術から理念、管理に至るまで日本メーカーを手本にしている。日本車が韓国車の師匠と言っても過言ではない」

「経済的で大衆向けといったように、日本車と韓国車は特徴が似ている。そのためわざわざ韓国車を選ぶ必要がない。中国で韓国車が受け入れられているのは、反日感情により日本車が避けられているため、韓国車に付け入るすきを与えたためだ」

「日本に行けばわかるが、日本の道路は整備が非常に行き届いている。そのためSUV車は全く本領を発揮できない」

「日本で韓国車を見かけないように、韓国でも日本車が姿を消す日が来るだろう。中国は大丈夫だ。親日が少なくないため、日本車の需要はある」

などのコメントを寄せた。

日本のネットユーザーからは

「韓国車を買うって罰ゲームに等しいと感じる…」

「祖国への愛国心が強い在日さえも買わない韓国車を日本人が買うはずないだろ」

「日本人にはブランドイメージにこだわる人が多い。ヨーロッパ車が日本で売れるのはブランドイメージによるもの。もちろんブランドイメージは、その車の性能や品質、デザイン、コスト等一般的な評価のほか、付加価値の評価の要素が大きい」

「韓国製で唯一売れたのはスマホくらいでしょ!まあこれからは売れなくなりますがというか売れていませんけどね」

「韓国製品は外見ばかりで中身がない。韓国という国や国民を体現している」

などの声が相次いだ。


2015年7月12日(日) 12時33分
http://www.recordchina.co.jp/a113728.html