韓国 経済 
(イメージです。)


1
:2015/07/15(水) 15:16:52.06 ID:
韓国企業に「沈没の危機」、輸出不振に過当競争=韓国ネットにも悲鳴「政府は早くなんとかしてくれ」
Record China 7月15日 7時58分配信

2015年7月13日、韓国のテレビ局KBSは「輸出や内需の低迷により、韓国経済は二重三重の困難を経験している」と報じた。

報道によると、韓国の自営業者は最近1年間で5万人も減少しており、「沈没の危機」といっても過言ではない状況に置かれている。昨年の自営業者世帯が申告した平均月収は、2人世帯基準で86万ウォン(約9万3000円)。サラリーマンの平均所得287万ウォン(約31万円)の3分の1にも満たない額だ。実際の所得は申告した額よりも多いことを勘案しても、生計を維持するのは容易ではないことがわかる。

平沢市のある化粧品店は、経営難に苦しめられ、2年間は持ちこたえたが、7000万ウォン(約760万円)以上の損失を出し、最終的に廃業することになった。また、中国人観光客で大変なにぎわいを見せていた南大門市場で高麗人参の販売をしている男性は、「(開店から)午後4時まで、お客は一人も来ない」とこぼし、「40年間商売をしているが、こんな状況は初めて」と嘆いた。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「沈没する大韓民国か~」
 
「確かにそうだ。数カ月おきに経営者が変わっている店もよく見かける」
 
「自営業者にとっては税金爆弾が一番怖い」
 
「大企業だけしか残らないようになってる」

「大学の近所で洋品店をして5年目だが、本当にもう終わりだ。生きているのが辛い」
 
「専門知識や経験のない者がむやみに開業してはならない。一生かけて集めたお金が一瞬にして消えてしまうよ」
 
「競争力がないから潰れるのだ」

「私は書店を経営している。20年前には年間売上高が20億ウォン(約2億2000万円)あったが、昨年は7億ウォン(約7600万円)に落ち込んでしまった。13人だった従業員も今は3人しかいない。最近では毎月300万ウォン(約33万円)の赤字だ」

「自営業者が大企業の資金力に押されて最初に潰れるが、次は中小企業や中産階級が崩壊する。上流階級は最後になるだろうが、順番が違うだけ。政府は早く目を覚まして、庶民を救う政策を作ってくれ」

(翻訳・編集/三田)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150715-00000017-rcdc-cn