3903896852_0b0cd3fb4f_n.jpg 
photo credit: Lotte Ad via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/07/29(水) 07:05:42.44 ID:
日韓ロッテで経営権めぐるお家騒動?創業者の代表権返上で幕=韓国ネット「日本のグループだ、不買運動すべき」「韓国には何の助けにもならない企業」 (Record China) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150728-00000081-rcdc-cn


2015年7月28日、韓国・聯合ニュースによると、ロッテグループの創業者である辛格浩(シン・ギョクホ)総括会長が、日本のロッテホールディングス(HD)の代表権を外れることが決まった。

すでに次男の辛東彬(シン・ドンビン)会長に代表権を付与している。これにより経営権の継承が整ったかにみえるが、背景には格浩氏の長男・辛東主(シン・ドンジュ)日本ロッテ前副会長による「クーデター」の失敗があるという。

事の始まりは27日、東主氏の主導による格浩総括会長の極秘来日だ。韓国のロッテグループに内密のままロッテHDに姿を現した格浩総括会長は、東彬氏を含む日本ロッテHDの理事6人を解任した。これが、93歳と高齢の格浩氏を利用し、東主前副会長が弟である東彬会長を追いやろうとした「反乱」とみられている。

しかし東彬氏は、6人の理事解任は正式な理事会を経ていないとして、即座に反撃に出た。28日午前には日本ロッテHDの緊急理事会を開き、格浩会長が代表権を外れることを決定、名誉会長に就く人事を決めた。今後は東彬会長を中心に、日韓ロッテの経営統合が強化されると予想される。

これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「さすがロッテのレベルはひどいな。僕は今日も一人でロッテ不買運動をしているよ」
 
「東主氏は父親の判断力が鈍っているのを利用してクーデターをしたけど、1日で東彬氏に父親と一緒に追い出された。東主氏は1日天下だったね」
 
「恥を知れ」

「財閥の現実はドラマよりもすごいね。こんな人生もあるのか」
 
「韓国人の血を吸って、少しも寄付しない日本企業」
 
「韓国の内需には何の助けにもならない企業だ」
 
「ロッテは日本のグループ。不買運動すべきだ」

「ロッテは客として利用する場合は本当に良いんだけど、ロッテワールドも、ロッテデパートも、ロッテシネマも、社員として経験すると、実にひどい腐った企業だ」
 
「93歳でも働けるなんて、うらやましい」
 
「辛東彬のインタビューを見たけど、韓国語もうまくなかったよ。事実上、日本人だ」

(翻訳・編集/和氣)