1:2015/07/30(木) 10:10:21.03 ID:
 中国南西部・貴州(Guizhou)省で、世界最大の電波望遠鏡「500メートル開口球面電波望遠鏡(FAST)」の組み立て作業が始まった。

 完成時のアンテナの大きさはサッカー場30個分。貴州省の山間部のくぼ地を利用して建設されている。中国国営の新華社(Xinhua)通信によると先週、反射鏡に三角パネル4450枚を取り付ける作業が始まった。

 FASTは単一の開口面アンテナを使う電波望遠鏡としては、米自治領プエルトリコ(Puerto Rico)にある直径305メートルのアレシボ天文台(Arecibo Observatory)を超え、世界最大となる。


【画像】
40f6a71c.jpg