325553.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2015/08/12(水) 16:12:44.27 ID:
2015年8月12日午後0時40分ごろ、韓国ソウルの日本大使館前で毎週水曜に開かれている「水曜デモ」の会場準備中、高齢の男性が自らの体に火を付け、病院に運ばれる騒ぎがあった。
韓国・YTNテレビなどが伝えた。

元慰安婦らが日本への抗議を叫ぶ「水曜デモ」は12日で1191回目、15日の光復(日本からの解放)70年直前ということもあり、会場付近には普段よりも多く2000人ほどの市民が集まり会場準備が進んでいた。
 
男性は全身に火が付いた状態だったが、周囲の人がすぐに消火、病院に運ばれた。男性は韓国南西部・光州市出身で80歳代と判明しているものの、容体や火を付けた理由は不明だ。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「すべて、日本が謝罪ひとつしないせいだ」
 
「日本も日本だけど、親日派は本当にくずだ」
 
「国を代表する人たちがやることをやらないから、国民が苦しむんだ」
 
「国が何もしてくれないから、いらいらしたんだろう」

「朴槿恵(パク・クネ)は何をしてるんだ?地雷でけがをした兵士を見舞うこともなく、妹の口をふさぐこともせず、とにかく無能そのものだ」
 
「朴槿令(パク・クンリョン。朴槿恵大統領の妹)は、このお年寄りがなぜこんなことをしたか全く分からないだろうな」

「無事でいてほしい。人は激しい無念を抱えたときに焼身自殺を図ると聞いたことがある。国がこの人たちを守るべきだ」
 
「みんな、日本の蛮行を忘れないように」
 
「焼身自殺したところで、日本人や親日の売国奴たちは驚きもしないはず。いっそ日本人を断罪しよう」

(翻訳・編集/和氣)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150812-00000047-rcdc-cn 
 
=管理人補足=
google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。

日本の強制徴用団体所属の男性、慰安婦集会現場で焼身/ YTN
2015/08/12に公開
 
日本の強制徴用関連団体に所属している80代の男性が、慰安婦問題の解決を促すための水曜集会で分身をしようとしました。

今日の午後12時50分ごろ、ソウル鐘路在韓日本大使館前の水曜集会の準備現場で80歳のチェ某氏が焼身しました。

火が出ると、周囲の人々がすぐに消火器で消しました。


近くのソウル大学病院に運ばれたチェ氏は、生命には支障がないものと伝えられました。
チェ氏は腕と足などに3度の火傷を負った。

当時、現場では、世界日本軍慰安婦キリム日を迎え挺身隊問題対策協議会が集会を準備していました。

警察はチェ氏が集会に引き続き参加した人物ではないと見えるとうあらかじめ用意した可燃性物質を体に分散させ、火をつけたとみて経緯を調べています。