north-korea-653085_640_20150824182659472.png 
(イメージです。)


1
:2015/08/24(月) 16:09:52.55 ID:
北朝鮮が前線地帯に「準戦時状態」を宣言した後、平安北道鉄山郡の母基地にあったホーバークラフト約20隻を北朝鮮北西部、南浦沖の黄海上まで前進配備した。このうち一部は黄海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)から北方約60キロの古岩浦まで移動したとされる。

ホーバークラフトは北朝鮮が保有する潜入用の主要3戦力の一つで、特殊部隊員を迅速に輸送する。全長21メートル・最高時速74~96キロと、全長18メートル・最高時速96キロの2種類があるとされる。

ホーバークラフトの予備基地として2012年初めに完成した古岩浦基地は、約70隻を収容できる。

また、北朝鮮は別の潜入用の戦力である潜水艦約50隻を韓米の監視網の外にある海中に配備する一方、韓国軍の北朝鮮向け宣伝放送の装備に打撃を与えるため精鋭特殊部隊の一部の要員を前線地域に展開していることが把握されている。
 
http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2015/08/24/0300000000AJP20150824003600882.HTML