1:2015/08/31(月) 17:02:21.29 ID:


 「アジアの玄関口に住む僕が、韓国人や中国人と話して、遊んで、酒を飲み交わし、もっともっと仲良くなってやります。僕自身が抑止力になってやります」

 2015年8月28日に行われた「SEALDs」主催の金曜国会前抗議。この日、はるばる福岡県から上京した西南学院大学3年の後藤宏基さんは、「どうしても言いたいことがある」と初めて訪れたという国会前でマイクを取った。

 後藤さんが住む福岡には、東シナ海の領空や周辺空域を監視するレーダーが配備され、朝鮮戦争時には、位置的重要性から米軍が福岡空港に駐屯。米軍の戦闘機が朝鮮半島へ向かう、まさに「玄間口」としての機能を担った。


 安倍総理が「脅威」だと名指しする中国や、外交関係が改善しない韓国の人々と「話して、遊んで、酒を交わしてもっと仲良くなる」とみずみずしいスピーチを打った後藤さん。その言葉の裏には、「アジアの玄関口」として戦争に巻き込まれた歴史と、そこから生まれる「平和」への強い願いがある。

 「『戦争法案』は絶対に廃案にしなければなりません。こんな政権に日本を任せるわけにはいきません。僕は地方から声をあげていきます」

 安保法案の廃案と安倍政権の退陣を求めた後藤さんは最後に、安倍総理に向かってこう訴えた。

 「安倍総理、好き放題やっているあなたへ、然るべき時に国民の力を思い知らせてやるために、僕らはこの怒りを絶対に燃やし続けます」

 以下、後藤宏基さんのスピーチ全文とスピーチ動画を掲載する。

(ぎぎまき)