1:2015/12/06(日) 14:10:25.90 ID:
2e5bb060.jpg
スモッグに覆われた1日の北京・天安門(上)と、冷気が流入して晴れ渡った2日の天安門(下)=ロイター

 11月末から中国の首都北京を覆い尽くした今冬最悪の大気汚染は12月初め、微小粒子状物質「PM2・5」の濃度が一部地域で1立方メートル当たり1000マイクログラム近くに達した。2日には上空に流れ込んだ冷気の影響でスモッグは解消されたが、中国のネットユーザーからは「政府ではなく風が頼り」「雨乞いならぬ“風乞い”が必要」との皮肉が聞かれた。一方、指導者層や富裕層の居住地も容赦なく襲う大気汚染については「平等をもたらす存在」と歓迎(?)する声もある。(西見由章)

「安全基準の80倍」


 11月27日から5日間続いた北京の深刻な大気汚染。あるネットユーザーは12月1日、PM2・5の携帯型測定器で1立方メートル当たり2000マイクログラムに達したことを伝えた。事実であれば世界保健機関(WHO)が推奨する安全値の約80倍にあたる数値だ。法制晩報(電子版)は「携帯型測定器は誤差が多く正確性に乏しい」とする専門家のコメントを引用して間接的にこの情報を否定したが、ネットユーザーからは「専門家の話こそもっと不正確だ」などと反発が起こった。

 「専門家がみな“権力の犬”であることは皆知っている。適当なことばかり言いやがって」

 「(ここまで汚染がひどければ)2000も500も大差ないだろ」との絶望的な書き込みには「肺がんになるか、急死するかの違いだ」との“解説”が寄せられた。

出なかった警報

 専門家や政府への不信という点では、北京市が大気汚染警報のうち最も重い1級(赤色)警報を発令しなかったことへの批判も相次いだ。中国政府の規定によると大気汚染の程度と継続時間に応じて4段階の警報がある。赤色警報は重大な大気汚染が3日以上継続すると見込まれる場合に発令され、小中高校の臨時休校や企業活動の制限などが実施される。北京では重大汚染が5日間継続したにも関わらず、2級(オレンジ色)警報どまりだった。

 一部メディアは「北京市の判断は誤りだったのではないか」と責任を追及する記事をネット上に掲載したが、その後、記事は削除されてしまった。

 「気温の予報が40度を絶対超えないのと同じで、見せかけだけの規定さ。みんなわかっていることだ」。公式数値上の気温が休校や休業などの措置が必要となる40度を超えて発表されることはない。これは中国国内に広く伝わる“都市伝説”だ。

 「赤色警報の発令はこの都市が麻痺寸前であることを意味する。1日すべての生産が止まり経済損失はあまりに大きい」

 「まだ赤色警報を出さないのか。祖国の花(児童)を死地に追いやるのか」

政府を褒め殺し


 冷気の流入という自然現象によってようやく北京に青空が戻ったことも、結果的に「風まかせ」との政府批判を招いた。

 「結局風だのみか。政府の環境部門は何やってるんだ」

 「『西北風を飲む』(冬に吹く冷たい風を飲む=すきっ腹を抱える)という言い回しがあるが、今となっては風は生きるために必要だ」

 「環境部門の担当者は今頃たばこを吸いながらこうつぶやいているだろう。『よし、いい風だ。実際、風に頼るしかないんだ…』」

 「かつては雨乞いをしたが、今は“風乞い”が必要だ」

 「スモッグを消す妙計がある。祭壇を設置して諸葛孔明に風を起こしてもらうことだ」と三国志演義を持ち出すユーザーもいれば、「冷気こそ人民の救世主」とかつての毛沢東をたたえる言い回しを引用する人もおり、さすが歴史好きな国民性というべきか。

大気汚染は公平


 「天気という手段を利用した重大汚染に対する一時的勝利」と共産党独特の堅い言い回しのパロディーもある。

 「天に頼って生活している農民の心境が今ようやくわかった!」

 「政府の甚だしい無作為だ、責任追及を」というストレートな批判もあれが、削除される可能性もあるので“褒め殺し”は中国のネット上で求められる技量の一つだ。

 「上級幹部の賢明な指導の下、環境保全部門はまたも大気汚染に打ち勝った。福音をもたらして頂き、各地の人民は目に熱い涙を浮かべて感謝します」

 「北京は中国でもっとも住みやすい都市だ!!!」

http://www.sankei.com/premium/news/151205/prm1512050013-n1.html

>>2以降に続く)
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【中国】スモッグで数千の工場に閉鎖命令!基準値24倍も(2015/12/01)
中国の緑化、日本政府が100億円拠出へ!「越境汚染」の低減に期待 ⇒2ch「いい加減にしろよ」(2015/12/04)
補正予算案に中国の植林事業 自民部会で反対相次ぐ!「なぜ支援必要なのか」 ユネスコ支出にも異論! ⇒2ch「外務省の責任者は誰なんだよ!名前だせ!」(2015/12/04) 
 
=管理人補足=
ご参考までに。