arrow-945256_640.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/02/07(日) 23:07:10.34 ID:
 「山形『正論』友の会」第13回講演会が6日、山形市の山形ビッグウイングで開かれ、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が「特派員を訴追する国で見た 朴槿恵(パククネ)政権の姿 韓国のこれから」と題して講演し、約350人が熱心に耳を傾けた。

 加藤前支局長は一昨年、インターネット上に掲載したコラムが大統領の名誉を毀損(きそん)したとして在宅起訴され、昨年12月に無罪が確定した。この間、韓国大統領府が「民事と刑事で責任を徹底的に追及する」と恫喝(どうかつ)する一方、駐日韓国大使館の広報官が産経新聞社に「遺憾の表明」を求めるといった「圧力と懐柔」があったことを明らかにした。

 加藤前支局長は「起訴自体が間違っており、無罪は当然のこと。朴政権の方が国際社会から裁かれていた」と強調した。また「韓国は国の総体としては日本と価値観を共有することは難しい。韓国を見るときに私の経験を役立ててもらえれば」と語った。

 質疑応答では、韓国とのつきあい方について質問があり、加藤前支局長は「筋を通したつきあい方をしないと『反日感情』に支配された韓国を増長させることになる」と答えた。

 終了後、山形市の無職、高橋和子さん(64)は「裁判が決着するまでの背景がよく分かった。韓国とつきあうのは難しい」、同市の刀工、上林恒平さん(67)は「圧力に屈せずに戦った姿勢は日本にとっても大きな意義がある」と感想を話した。次回の講演会は4月16日の予定。

ソース:産経ニュース<「朴槿恵政権が国際社会から裁かれていた」 山形「正論」友の会で加藤前支局長>
http://www.sankei.com/world/news/160207/wor1602070084-n1.html