1:2016/02/29(月) 13:08:56.21 ID:
f8a40dc5.jpg
▲28日、ソウル市が市庁前のソウル図書館の「夢刻み板」に掲げた慰安婦被害者・吉元玉(キル・ウォンオク)さん(89)の手書き文字「私をお忘れになったのですか?」と「平和の少女像」の写真。
6fc0d961.jpg
▲遠景(別ソース=ヘラルド経済)
145664966892_20160229.jpg 
▲雪の中(別ソース=ハンギョレ新聞)

ソウル市は三一節(独立運動記念日)を前に28日、「平和の少女像」の写真と共に慰安婦被害者の吉元玉(キル・ウォンオク)さん(89)の手書き文字「私をお忘れになったのですか?」を、ソウル市庁前のソウル図書館の「夢刻み板」に掲げた。

ソウル市は少女像と日本軍の慰安婦被害者女性のメッセージを通じて日帝強制占領期間の苦難の自画像を表現し、その時代の痛みを現世代と分かち合おうと企画したと明らかにした。

ソース:中央日報日本語版<【写真】慰安婦被害女性の手書き文字を横額に=韓国・ソウル>
http://japanese.joins.com/article/608/212608.html