nuclear-power-plant-68868_640_20160229230940ed5.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/02/27(土) 23:14:07.46 ID:
韓国西南部の靈光(ヨングァン) にあるハンビッ原発1号機が、継ぎ目が破損し、運転を中断しました。放射能の流出はないとのことです。

韓国水力原子力・ハンビッ原子力本部によりますと、27日午前5時過ぎ、ハンビッ原発1号機の復水器の信号に異常が発生し、安全システムが働いて、運転が自動的に止まったということです。

調査によりますと、復水器の信号異常は、タービンと復水器の間のゴムの継ぎ目が破損したためということです。

原子力発電所側は、復水器と放射能漏れは関係がないとし、正確な故障の原因が確認され次第、原子力安全委員会の承認を得て、再稼動するかどうかを決める方針だと説明しています。

ハンビッ原発1号機は1986年8月に稼動を始め、設計上寿命の2025年まであと9年が残っています。

ソース:KBSニュース<ハンビッ原発1号機は1986年8月に稼動を始め、設計上寿命の2025年まであと9年が残>
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?lang=j&id=Dm&No=58320