1:2016/03/05(土) 01:07:02.36 ID:
f057d71a.jpg
▲キム・ウンジュ氏など女性二人沈黙デモ注目
e049f21e.jpg
▲「アジアのホロコースト、日本が強姦した少女たち」

【ニューヨーク=ニューシス】ノ・チャンヒョン特派員
 
英国ロンドンで初めて公開された慰安婦少女像パフォーマンスがニューヨーク、マンハッタンでも再現された。

2日、マンハッタン・パークアベニュー日本総領事館前でキム・ウンジュ元ニューヨーク韓人教師会長など二人の女性が水曜集会を持った。世界女性の日を記念して開かれたこの日のデモでキム・ウンジュ会長は黒いチマと白い上着を着て'生きている少女像'のイメージを演出した。

強風で体感温度が急激に落ちた寒い天気だったが、キム・ウンジュ会長は同行したパク某(KMJ Park)氏とともに少女像の大型ポスターを並んで持って日本総領事館の建物前で力強く立っていた。たとえ椅子もなくちゃんとした韓服でもなかったが、彼女たちの沈黙デモは通りがかりの数多くの米国市民や外国観光客の視線を引き付けるのに充分だった。

市民らは彼女たちの姿を撮影しtがり慰安婦少女像ポスターとキム・ウンジュ会長の身なりをかわるがわる見て首を縦に振ったりした。特に強制的に引きずられて行った少女らが凌辱されたことを意味する'Japanese Imperial Army Committed Statutory Rape(日本帝国主義軍隊は未成年者らを強姦した)'というバナーを一緒に持ってデモ効果を極大化する姿だった。

この他にも'アジアのホロコースト、日本が強姦した少女たち'、'未成年強姦犠牲者らのための正義'、'日本-韓国-米国の(慰安婦)協約を恥じよ'等のバナーを広げてみせた。

キム・ウンジュ会長は「日本総領事館前での水曜デモは今回が三回目ですが、ますます市民らの反応が熱くなっている。私たちの姿を見て'私に何か助けることができますか'と訊ねる人もいた」と鼓舞された表情になった。

一方5日にはニュージャージー、レオニアグランドアベニューの前とカリフォルニア、グレンデール少女像の前、サンディエゴで各々現地時間正午を期して慰安婦問題同時集会が開かれる。また、9日にはワシントンDC日本大使館前で正午から集会が続く。

ソース:ニューシス(韓国語) ニューヨーク、日本総領事館の前'生きている慰安婦少女像'パフォーマンス
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20160304_0013935428