1:2016/03/05(土) 04:28:36.87 ID:
a9d67d99.jpg
国内初のドーム野球場である高尺(コチョク)スカイドーム。施設を衣替えした後、2016プロ野球シーズンを待っている。(写真=中央フォト)
0d95db5d.jpg
1列あたり3席を撤去して通路を作った。
3e88821a.jpg
観衆の視野を遮っていた縦格子の手すりは横ワイヤーに交換した。
496e9949.jpg
選手たちの安全のためダグアウトに屋根を作った。

大韓民国で初のドーム野球場「高尺(コチョク)スカイドーム(高尺ドーム)」が生まれ変わる。昨年11月に公式オープンした高尺ドームは、今まで酷評に苦しめられてきた。外観を見て感嘆の声を上げていた野球ファンたちも、競技場の中に入ると眉をひそめた。びっしりと並んだ座席、グラウンドを分けるフェンス、試合の状況を確認しにくい小さな電光掲示板のせいだ。観衆の快適な観覧が困難に思われ、選手たちも不満をもらした。屋根のないダグアウト、地下にあるブルペン、まぶしい照明などが改善すべき点に挙げられた。

高尺ドームを運営するソウル市説管理公団は不満事項を細かく集めた。そしてほかの8球場を何度も訪問した後に野球専門家たちの助言を聞いて改善案をつくった。3日に記者が訪問した高尺ドームは内部工事が70%程度進んでいた。7億ウォン(約6600万円)を投じた内部工事は13日に終わる。新たに衣替えした高尺ドームでは15日、ネクセン-SKのデモ試合が行われる。

ソウル施設管理公団は何よりも先に「おむつ座席」からなくした。昨年11月の開場当時、内外野の相当数の座席は1列に31席が連なっていた。ここに座ればトイレに行くために行き来するのも難しい状況だった。

それで一部のファンたちは、おむつを着けなければいけない状態だという意味で「おむつ座席」と批判した。今はおよそ1列あたり3席を撤去して通路を作った。これに伴い座席が1万8000席から1万6800席へと1200席減った。

高さ3.5メートルの内野ネットも交換する予定だ。観覧席に打球が飛んで行けば、けがをする危険性が大きい。それで施設管理公団側はデモ試合前までに高さ8メートルのネットを新たに設置する計画だ。観衆の視野を遮っていた縦格子の手すりは横ワイヤーに交換した。

換気の問題も改善した。騒音の心配のために閉じていた上部の排気窓を開くことにした。昨年末のコンサートの時に測定した結果、排気窓を開いても騒音がそれほど大きくならないことが確認された。

ダグアウトには他球場と同じように屋根を作った。選手たちがファール打球に当たる危険が減り、観覧席で飛び込む異質物も防げることになった。

選手たちが最も多く指摘した「地下ブルペン」は一部補強工事をした。構造上ブルペンの位置を変えることはできず階段の床にゴム板を敷いた。階段の両側にはハンドレールを設置し、照明を追加して滑りを防止した。またブルペンとダグアウトにカメラとモニター・インターホンを設置して円滑な試合運営を可能にした。

ソウル施設管理公団が約40日間の補完工事を行ったが、問題点がすべて解決されたわけではない。高尺ドームの規模に似つかわしくない小さな電光掲示板(横22.40メートル、縦7.68メートル)は依然として悩みだ。ソウル施設管理公団ドーム競技場運営処のヤン・ユンシク施設チーム長は「大きな電光掲示板を設置するためには多くの予算が必要だ。電光掲示板の交換は時間を置いてから進める計画」と話した。

天井が明るい色なので選手たちがフライ守備をするのが難しいという点も改善すべき点だ。ヤンチーム長は「屋根の膜の色は浅い黄土色だ。夜間の試合では陽光が差し込まず天井と野球のボールを識別するのは難しくない。しかし昼間の試合では日光が透過して視野を白くする。多少不便なこともあるが、慣れれば大丈夫だろう」と説明した。

競技場の外でも工事の真っ最中だ。136億ウォンをかけて新たに作った地下鉄1号線の九一(クイル)駅西側出入口が今月末に完工する予定だ。駅のホームから高尺ドームまで歩いていく時間が20分から5分に減ることになった。

キム・ミョンジン運営チーム長は「国内初のドーム野球場である高尺ドームに対する野球ファンの期待が大きいことはよく分かっている。高尺ドームをホームグラウンドとして使うネクセン球団と共に改善すべき点を今後も継続して直していく」と話した。

http://japanese.joins.com/article/792/212792.html
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【画像あり】韓国初のドーム球場、打球はどこ?「照明が暗い。フライが消えて守りにくい。天井が白いのでボールがよく見えない」(2015/11/06)
【画像あり】韓国初のドーム球場「高尺スカイドーム」完成!(2015/09/16)