23_20160307214852455.png 
(動画サムネイルです。)


1
:2016/03/07(月) 15:08:27.62 ID:
2016年3月7日 14:26

海上自衛隊の新たな潜水艦「じんりゅう」が完成し、自衛隊への引き渡し式が行われた。「じんりゅう」はオーストラリアの次期潜水艦の導入計画で日本が受注を目指している「そうりゅう型」の最新艦で、防衛省は優れた性能や安定した製造技術をアピールしたい考え。

「じんりゅう」は全長約84メートル、幅は約9メートルで、毎年1つずつ製造されている「そうりゅう型」潜水艦では7番目のもの。側面には、音を吸収して敵のソナーから探知されにくくするための特殊なタイルが敷き詰められている。
オーストラリア政府は潜水艦の共同開発国を日本、ドイツ、フランスの中から今年中に決定する方針。
防衛省は「そうりゅう型」を毎年製造してきた安定した技術力や性能の高さをアピールし、受注につなげたい考え。

ニュース映像はリンク先
http://www.news24.jp/articles/2016/03/07/04324145.html 
 
=管理人補足=