1:2016/03/08(火) 18:35:33.64 ID:
6ab7aaae.jpg
史上最大規模の合同軍事演習に向かう米韓の海兵隊員ら(聯合=共同)
97b72459.jpg
「総攻撃」声明を発表した金第1書記率いる北朝鮮(ロイター)
677c6256.jpg
米韓合同軍事演習は史上最大規模で行われる(AP)

 朝鮮半島有事に加え、日米韓3カ国でテロの危険性が高まっている。金正恩(キム・ジョンウン)第1書記率いる北朝鮮をけん制する、史上最大規模の米韓合同軍事演習が7日始まったが、北朝鮮の国防委員会は同日朝、「全面対応するための総攻撃を仕掛ける」という緊急声明を発表したのだ。北朝鮮工作員らの不穏な動きと、安倍晋三首相が先週末、国と沖縄県の訴訟で急きょ和解に踏み切った背景とは。ジャーナリストの加賀孝英氏が緊急リポートする。

 「正恩氏は半狂乱だ。全軍に『核弾頭ミサイル発射攻撃の準備』を命じた。情報では、朝鮮半島沖に展開する米海軍艦艇に戦闘機で突っ込む、数十人規模の特攻決死隊まで結成させたという」

 旧知の米軍関係者は、こう吐き捨てた。

 ご承知の通り、国連安全保障理事会は2日、核・ミサイル開発などの暴挙を繰り返す北朝鮮への制裁強化決議を全会一致で採択した。さらに、正恩氏が心底おびえていた、米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」と、野外機動訓練「フォールイーグル」が7日、韓国各地でスタートした。

 正恩氏が震えるのも当たり前だ。演習は破壊的規模といえる。

 朝鮮日報(日本語版、6日)によると、米軍1万5000人以上と、韓国軍約30万人が参加。米軍の戦闘航空旅団と海兵遠征旅団に加え、米原子力空母「ジョン・C・ステニス」を中心とする空母打撃群、北朝鮮に上陸可能な強襲揚陸艦も参加している。

 日本の防衛省関係者は「今回の演習は、北朝鮮の核・ミサイル基地への先制攻撃も念頭に置いた、米軍の作戦計画『5015』に基づいた訓練だ」といい、次のように解説した。

 「最大の特徴は『斬首作戦』だ。特殊部隊が奇襲し、正恩氏ら北朝鮮首脳を確保、排除する『正恩独裁体制殲滅作戦』になる。隊員らは、精密に再現された平壌(ピョンヤン)市街、正恩宅の模型で徹底的に訓練している。もし、作戦が決行されれば、正恩氏は100%助からない」

 事実、演習には、国際テロ組織「アルカーイダ」の最高指導者、ウサマ・ビンラーディン容疑者を2011年、潜伏先のパキスタンで急襲し、殺害した米海軍特殊部隊Navy SEALs(ネイビーシールズ)など、
米四軍(陸軍、海軍、空軍、海兵隊)の最強特殊部隊が送り込まれている。

 慌てた正恩氏は7日朝、国防委員会に冒頭の緊急声明を発表させたが、先月23日にも朝鮮人民軍最高司令部に《(米軍の)特殊部隊がわずかな動きでも見せれば、先制作戦に突入する》《第1攻撃対象は韓国大統領府と政府機関》《第2次攻撃対象は、アジア太平洋地域の米軍基地と米本土だ》という重大声明を発表させている。

 さらに、驚かないでいただきたい。追い詰められた北朝鮮が、韓国だけでなく、日本や米国でも「重大な極秘指令を出した」との情報がある。

 前回の「スクープ最前線」(2月23日発行号)で、正恩氏が最近、朝鮮人民軍の特殊機関「偵察総局」に、韓国へのテロ攻撃の極秘命令を出したと報告した。「韓国要人テロ・暗殺リスト」が存在し、朴槿恵(パク・クネ)大統領以下、政府要人が狙われ、韓国内が緊迫しているという内容だ。

 実は、同様の極秘命令が、日本や米国にも出された可能性があるのだ。以下、複数の日米情報当局から得た驚愕情報だ。

 「北朝鮮が、日米両国に潜伏している工作員にテロ指令を出した疑いがある。ターゲットは日米両政府要人で、こちらでも『テロ・暗殺リスト』の存在が取り沙汰されている。問題は日本だ。日本国内で北朝鮮と中国の工作員が、『安倍政権さえ潰せば日本は思い通りになる。日米同盟も破壊できる』と、悪魔の握手をしているという情報もある。5月には伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)もあり、政府要人や重要施設の警戒警備が強化されている」

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160308/frn1603081140001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160308/frn1603081140001-n2.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160308/frn1603081140001-n3.htm

>>2以降に続く)