1:2016/03/10(木) 09:36:40.06 ID:
「慰安婦被害者が全員死んでも日本軍の罪は残る」
中央日報日本語版 3月10日 7時53分配信

「慰安婦被害者が全員死んでも日本軍の罪は残る」
 
李容洙(イ・ヨンス)さんが8日、ニューヨーク市庁の前で日本の謝罪と賠償を要求している。拡大写真8日午前(現地時間)、ニューヨーク・マンハッタン南側のニューヨーク市庁前。慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さん(88)の声が震えた。この日、ニューヨーク市が慰安婦被害者に対する日本政府の責任認定と公式謝罪を求めるために開いた記者会見に李さんが同席した。

李さんは「25年間、日本大使館の前で雨が降ろうと雪が降ろうと日本の公式的な謝罪と賠償を要求してきた。(両国の合意は)話にならない」と批判した。

慰安婦強制連行の否認など日本の相次ぐ歴史歪曲に対しても「私が被害にあった本人」とし「それでも日本は嘘ばかり言う」と怒りを表した。

ニューヨーク市議会のコンボ女性委員長は「日本政府は李容洙さんの目を見ながら、ぞっとするような残酷な行為を受けた多くの女性の目と魂を見ながら、政治的でなく誠意を込めて被害者に直接謝罪するべきだ」と主張した。ニューヨーク市議会は公立学校で慰安婦問題の真実を教えるよう要求していく方針だ。
 
李さんはこの日午後、国連本部を訪れ、自分が体験した惨状を記者団に証言した。

李さんは「(慰安婦被害者)女性が全員死んでも(日本軍が犯した)罪は残る」とし「日本の首相が韓国の日本大使館前でひざまずいて謝罪し、法的賠償をしなければいけない」と述べた。

一方、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が韓日政府間の合意を歓迎したことについては、「潘事務総長には『知らなければ黙っているべきであり、なぜ知っているふりをするのか』と話したい」と語った。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160310-00000001-cnippou-kr 
 
56.png