korea-156285_640_20160310150713525.png 
(イメージです。)


1
:2016/03/10(木) 14:11:29.76 ID:
3月10日 13時38分

北朝鮮は10日、韓国政府の独自制裁に対抗して、南北間の経済協力と交流事業に関するすべての合意を無効にし、共同で運営していたケソン(開城)工業団地などにある韓国側の資産を、一方的に接収する考えを明らかにしました。

北朝鮮による4回目の核実験と事実上の長距離弾道ミサイルの発射を受け、韓国政府は、南北で共同運営していたケソン工業団地の操業を中断したのに続いて、8日、北朝鮮に寄港した第三国の船舶の入港を禁止するなど、独自の制裁措置を相次いで打ち出しています。

これに強く反発する北朝鮮は、10日午前、韓国との窓口機関になっている祖国平和統一委員会の談話を発表し、南北間の経済協力と交流事業に関するすべての合意を無効にすると宣言しました。そのうえで、「われわれの地域にある南側の企業と関係機関のすべての資産を完全に清算する」として、先月、北朝鮮が「閉鎖する」と発表したケソン工業団地や、観光事業が8年前から中断している北朝鮮南東部のクムガン(金剛)山にある韓国企業の資産を、一方的に接収する考えを明らかにしました。

北朝鮮は、国連安全保障理事会で採択された制裁決議に加えて、今月7日から行われているアメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習にも反発し、10日朝、日本海に向け短距離弾道ミサイル2発を発射しており、南北間の緊張が一段と高まっています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160310/k10010438141000.html