1:2016/03/19(土) 08:44:32.74 ID:
【ロンドン=岡部伸】

 英鉄道会社ヴァージン・トレインズは18日、日立製作所から納入された「都市間高速鉄道計画(IEP)」の「ヴァージン・あずま」を、ロンドン市内のキングス・クロス駅で公開した。日立製作所が開発した新型車両で、コンパクトなデザインで最新の省エネ技術を取り入れた駆動システムを採用、運転速度は最高で時速125マイル(201キロ)。設計上時速140マイル(225キロ)まで出せる。
 
 ヴァージン・グループの創設者で会長のリチャード・ブランソン氏は、「『あずま』によってイースト・コースト本線は21世紀の英国で最も洗練された先進的な路線となる」と語った。
 
 同社は、英運輸省からIEP向けに122編成(866両)を受注しており、このうち12編成分(76両)は笠戸事業所で製造、残る110編成分(790両)は英中部ダラム州ニュートン・エイクリフで今年初めから本格稼働を始めた車両製造工場で順次製造する。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160318/mcb1603182247030-n1.htm

「あずま」
dfa4bc76.jpg 
 
4f7fd9f3.jpg  
 
f69230c9.jpg  
 
 
=管理人補足=
上記は記事の一部です。全文はソース元でご覧ください。