1:2016/03/20(日) 00:15:06.62 ID:
a2bb4c81.jpg
排他的経済水域で確認された中国の海洋調査船=19日午前、東京都・沖ノ鳥島沖(第3管区海上保安本部提供)

 19日午前5時35分ごろ、東京都・沖ノ鳥島の北西約250キロの排他的経済水域(EEZ)で、中国の海洋調査船「海大号」が、船尾からワイヤのようなものを海に投入するのを海上保安庁の巡視船が確認した。

 第3管区海上保安本部(横浜)によると、巡視船が「わが国の事前の同意がない調査活動は認められない」と中止を要求したが「公海上だ」と答えたという。海大号は14日からEEZ内を航行しており、3管が巡視船で監視していた。

http://www.sankei.com/politics/news/160319/plt1603190016-n1.html