1:2016/03/22(火) 13:05:43.02 ID:
2834a6ef.jpg
▲ゼイド・ラアド・アル・フセイン国連人権最高代表[EPA=聯合ニュース資料写真]

(東京=聯合ニュース)イ・セウォル特派員
 
国連の自由権規約委員会(以下委員会)は日本軍慰安婦問題に関する勧告を日本が十分に履行していないと指摘した。

共同通信によれば委員会は21日(現地時間)、スイスのジュネーブで日本の人権状況に関する会議を開き、先に出した勧告履行状況を点検して評価した。委員会は日本軍慰安婦制度による人権侵害行為調査や加害者刑事責任追及などに関し「努力が見られない」と指摘した。

委員会は日本の人権状況に関し2014年7月に出した最終見解で日本軍慰安婦に対する人権侵害行為を調査し加害者の刑事責任を問うよう勧告した。また、日本政府が謝罪の意向を表明するよう提言した。

21日の会議では昨年末なされた韓・日政府の日本軍慰安婦問題解決方案合意に関し、ゼイド・ラアド・アル・フセイン国連人権最高代表が「被害者から疑問の声が出ているのはかなり重大だ」と話すなど批判的な見解が続いた。

委員会は謝罪表明や責任認識に関しては韓日両国政府合意で進展があったと付け加えた。

ソース:聯合ニュース(韓国語) 国連"日、慰安婦人権侵害調査・加害者処罰努力見えないで"
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/03/22/0200000000AKR20160322053400073.HTML

関連記事:産経ニュース<国連委「大きな進展」と一定の評価>
http://www.sankei.com/world/news/160322/wor1603220006-n1.html