日本韓国 
(イメージです。)


1
:2016/03/23(水) 19:54:56.53 ID:
冨名腰隆

2016年3月23日00時25分

 日韓両政府は、31日から米ワシントンである核保安サミットに合わせ、安倍晋三首相と朴槿恵(パククネ)大統領による日韓首脳会談を開く方向で最終調整に入った。電話協議を除けば、昨年11月のソウルでの初会談以来となる。両首脳は、慰安婦問題の完全解決の実現に向けて議論する。

 昨年末の日韓合意で、元慰安婦を支援する財団に日本が10億円を拠出することや、韓国が在韓日本大使館前にある少女像の問題解決に努力することなどが決まっている。首脳会談では、合意内容について日韓双方がどう取り組んでいるかが焦点になる。このほか、韓国が日本の一部地域からの水産物輸入を規制している問題や、2012年に長崎県対馬市で盗まれ韓国に持ち込まれた仏像の返還なども話し合う見通しだ。

 22日は、韓国外交省の鄭炳元(チョンビョンウォン)東北アジア局長が東京の外務省で石兼公博アジア大洋州局長と約3時間半協議した。終了後、鄭氏は記者団に「合意の誠実な履行が必要ということで、石兼氏と一致した」と述べた。

 両国は訪米時に日米韓3カ国による首脳会談を行う方向でも調整しており、核実験や弾道ミサイル発射で挑発を続ける北朝鮮への対応を議論する。日本政府関係者は「米国を含めた3カ国で、安全保障分野の連携をさらに進める必要がある」と語る。

(冨名腰隆)
http://www.asahi.com/articles/ASJ3Q4QJCJ3QUTFK006.html