people-304728_640_20160324123800d9d.png 
(イメージです。)

1
:2016/03/24(木) 10:34:26.98 ID:
※ 動画がソース元にあります(日本語部分は韓国語訳とは若干異なります)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
嫌韓デモに抗議する市民を拳で暴行して、足で蹴ります。

現場に居る警察にも動じず、反対側の市民を繰り返し威嚇します。

<現場の目撃者>
「ヤクザというよりその下っ端、雇われた暴力団みたいです。 極右団体は軍服のような物を着るけどそうではなく、運動服のみたいなのを着て・・・」

このように単なる極右主義者だけではなく、暴力団まで嫌韓デモに参加しているようです。

このような被害に耐えられなくなった在日同胞被害女性が、日本の国会に出席しました。

一緒に被害に遭った子どもたちまで思うとまだ胸が震えますが、少しずつ実情をうちあけます。

<崔 江以子(チェ・カンイジャ)=在日韓国人3世>
「朝鮮人は消えろ!ゴキブリ朝鮮人は消えろ! このように叫ぶ人々が警察の保護を受けながら私たちの街でデモをした日、私の心は殺害されたと同じです」

『嫌韓デモを根絶できる人種差別禁止法を制定して欲しい』・・・ 被害女性の切実な訴えに、一緒に出席した専門家も力を加えました。

<スティーブン・ギブンズ(アメリカ人弁護士)>
「(人種差別禁止法制定)、日本ハ、コウイッタ事ヲ許容シナイ、理念的宣言デアル訳デス・・・」

人種差別禁止法は昨年5月、日本の国会に提出されて今まで事実上放置されて来ました。

今回の被害証言が日本の国会にどれくらいの大きな変化をもたらすかは、もう少し見守らなければなりません。

<有田(日本の民主党議員>
「今回参考人証言を通じて、“やはり人種差別デモは乗り越えなければならない”、“無くさなければならない”と多くの議員が思いました」

来る夏の参議院選挙を控えて仮に日本の国会が空転した場合、嫌韓デモが更に猛威を振るう事もあって、被害者の憂慮は続いています。

東京からSBSのチェ・ホウォンでした。

ソース:NAVER/SBS-TV(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=115&oid=055&aid=0000390746