韓国 
(イメージです。)


1
:2016/03/26(土) 09:58:34.57 ID:
「予約すっぽかし、自営業者にとっては生存の危機」

 25日午前11時、ソウル市中区新堂洞の韓牛(韓国伝統の肉牛)専門店「ハヌエットゥル」。公正取引委員会のキム・ハクヒョン副委員長と韓国消費者院の韓堅杓(ハン・ギョンピョ)院長が、「予約すっぽかし」をめぐるオーナーの苦情を聞くため、この店を訪れた。「ハヌエットゥル」のイ・ヨングム代表(52)は「昨年、1人3万ウォン(現在のレートで約2900円、以下同じ)するランチコースを40人分予約した客が取り消しの電話1本もないまま姿を見せず、120万ウォン(約11万6000円)ほど損したことがある。団体客の比重が高い肉料理店で、予約すっぽかしは店の生存を脅かす」と語った。

 キム副委員長は「韓国各地の自治体、消費者団体などと協議し、予約を守る文化を定着させられるよう努力したい」と答えた。

 公取委は25日に現場点検をスタートさせ、今年の重点課題に選んだ「予約すっぽかし根絶キャンペーン」を4月から本格化させる。

 公取委は毎年4-6億ウォン(約3659-5788万円)の予算を投じて市民およそ2万人を対象に、振り込め詐欺への対処法、消費者払戻規定などを教育している。加えて今年からは「予約すっぽかし」の問題点や、これを根絶するための正しい消費者のあり方を教える科目を追加すると決めた。

 また公取委と消費者院は、人気シェフのペク・チョンウォン氏やイ・ヨンボク氏などが出演して予約すっぽかし根絶を促す動画「予約を守ろう」を今月末までに制作し、韓国各地のレストランや自治体、大学などに配ることを決めた。

イ・ミンソク記者 , キム・ギョンピル記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/26/2016032600418.html


不参客:アシアナ、無断キャンセル客に罰金1万円

 アシアナ航空は、来月1日から国際線のフライトを予約しながら搭乗しなかった乗客に対し10万ウォン(約9700円)の「ノーショー・ペナルティー(罰金)」を課すことにしたと25日、発表した。ノーショーとは予約をしておいて連絡もなく現れない、無断キャンセルのことだ。

 アシアナ航空はこれまで、国際線の「ノーショー」客に無料で別の日に便を変更したり、路線によって3万-7万ウォン(約2900-6800円)の手数料を取って払い戻したりしていた。だが、来月からは国際線ノーショー客は払い戻し手数料のほか、10万ウォンのペナルティーも別途負担しなければならなくなる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/26/2016032600425.html