flag-155928_640_201603271629091c8.png 
(イメージです。)


1
:2016/03/26(土) 20:51:09.00 ID:
 日本の官民がインドネシア・ジャワ島で進める東南アジア最大級の石炭火力発電所建設計画で、地元石炭大手との合弁「ビマセナ・パワー・インドネシア(BPI)」は26日までに、建設用地の取得を完了したと発表した。地元メディアが伝えた。日本のインフラ輸出の目玉案件である発電所建設が本格化する。

 建設用地をめぐっては、一部住民らの反対で買収が難航。インドネシアのジョコ大統領が昨年8月に建設着工を宣言したものの、一部の土地収用が終わっていなかった。

 ジョコ大統領は昨年8月に「2018年の完成を望む」と述べている。

 発電所予定地は中ジャワ州バタン県にあり、出力は計200万キロワット規模で、事業費は約40億ドル(約4500億円)。伊藤忠商事と電源開発(Jパワー)が参画している。

(共同)

産経ニュース 2016.3.26 13:00
http://www.sankei.com/politics/news/160326/plt1603260014-n1.html