韓国 
(イメージです。)

1
:2016/03/29(火) 19:38:36.32 ID:
【光州=ニューシス】ペ・ドンミン記者
 
日本企業、三菱重工業が勤労挺身隊被害ハルモニらが提起した第二次訴訟の訴状受付を3回目も拒否した。

勤労挺身隊ハルモニと共にする市民の会は29日「強制労働被害ハルモニ4人が三菱を相手に提起した第二次訴訟の訴状を三菱が再び拒否して返送した」と明らかにした。

日帝時代、三菱に強制動員されて被害を受けたキム・ジェリム(84)、シム・ソンエ(84)、ヤン・ヨンス(85)ハルモニと故オ・キレ、ハルモニの遺族オ・チョルソク(78)氏は去る2014年2月27日、日本戦犯企業、三菱重工業を相手に光州(クァンジュ)地方裁判所に損害賠償請求訴訟を提起した。

キムハルモニなど当事者は1億5000万ウォン、遺族オ・チョルソク氏は2億ウォンの損害賠償を各々請求したことが分かった。

しかし、三菱は去る2014年12月5日と翌年5月15日、二度の第二次訴訟の訴状を拒否した。これによって第二次三菱勤労挺身隊訴訟は2年以上、公判さえ開かれずにいる。市民の会は来る31日午後2時、光州市庁平和の少女像前で記者会見を行って三菱を糾弾する予定だ。

ソース:ニューシス(韓国語) 三菱、勤労挺身隊第二次訴訟訴状3回目拒否
http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20160329_0013988258