japan-217882_640_20160330155846827.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/03/29(火) 14:40:07.93 ID:
 日本の警察庁は、2015年における来日外国人犯罪の検挙状況を発表した。2015年の総検挙件数は前年比▲6.2%(▲948件)減の1万4267件、このうちベトナムは3315件だった。総検挙人員は前年比▲6.1%(▲647人)減の1万0042人、このうちベトナムは1967人で、件数・人員共に前年と同じく中国に次いで2番目に多かった。

 ベトナム人による犯罪は、来日外国人犯罪全体の総検挙件数の23.2%、総検挙人員の19.6%を占めている。2005年と比べると、ベトナムの刑法犯検挙件数は+222.7%(+1764人)増、検挙人員は+149.2%(+883人)増で、いずれも10年間の増加率は国籍別でトップに立っている。

 総検挙件数のうち、刑法犯は前年比▲2.6%(▲247件)減の9417件、うちベトナムが同+29.6%(+584件)増の2556件で中国の2390件を上回り、全体の27.1%を占めて最多となった。特別法犯は前年比▲12.6%(▲701件)減の4850件で、うちベトナムが759件、全体の15.6%だった。
 
 ベトナムの刑法犯検挙件数2556件の内訳は、◇万引き:1841件、◇占有離脱物横領:174件、◇自動車盗:139件、◇非侵入窃盗その他:66件、◇詐欺:39件、◇その他:297件となっている。

 また、総検挙人員のうち、刑法犯は前年比+6.9%(+400人)増の6187人、うちベトナムが同+29.8%(+339人)増の1475人で、全体の23.8%を占めた。特別法犯は前年比▲21.4%(▲1047人)減の3855人で、うちベトナムが492人、全体の12.8%だった。

 刑法犯のうち、凶悪犯(殺人、強盗)及び窃盗犯(非侵入窃盗)の検挙件数・人員でベトナムはいずれも最多だった。特に窃盗犯検挙件数は総数6303件のうちベトナムが2164件、窃盗犯検挙人員は総数3168人のうちベトナムが1066人を占めた。

2016/03/29 07:08
http://www.viet-jo.com/news/statistics/160328020904.html

来日外国人犯罪の検挙状況(平成27年)
https://www.npa.go.jp/sosikihanzai/kokusaisousa/kokusai/H27_rainichi.pdf

【国内】不法残留外国人増加 韓国1万3412人、中国8741人、タイ5959人
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1457654679/