1:2016/03/30(水) 01:16:59.98 ID:
◆「桜祭り」ごと爆買い?水面下で触手伸ばす中・韓
04ab5001.jpg
ひそかに「祭り」ごと中国爆買い?日米友好の桜 争奪戦
最後に…救世主が

すでに満開を迎えている「日本の桜」が実は海外にあります。100年以上前に日本からアメリカに渡った日米友好の桜ですが、その桜祭りを巡って今、中国が水面下で不穏な動きを見せています。

ソース テレビ朝日
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000071371.html
------------------------------------------------------------------
 
(米国 ワシントン)
リポーター:
ワシントンの桜ほぼ満開となりました
すごい人出ですね
みなさん写真を撮ったり思い思いに桜を楽しんでます

ナレーター:
アメリカ首都ワシントン
今年も春の訪れを告げるのは満開の桜

花見客は―
(女性)息が止まるほど美しい 天国にいるみたいだわ

(家族連れ、男性)
毎年来て娘の成長と共に桜を楽しんでいるんだ
それにここは5年前に妻と婚約した場所でもあるんだよ

ナレーター:
ワシントンの桜は1912年に当時の東京市がおよそ3000本の苗木を贈ったのが始まりだ
そして毎年行われる全米桜祭りは日米友好のシンボルとして親しまれ
いまや150万人が訪れるまでになったのだ

花見客は―
(女性)毎年 美しい贈り物をもらっているようです
(男性)日本人の優しさに感謝してるよ

ナレーター:
しかし日米友好の懸け橋である伝統の祭りが今、重大な局面を迎えているのだ

リポーター:
関係者によりますと祭りを存続させるためイベントの数を増やすなど工夫をこらす一方で
これを支えるスポンサー探しが難航しているというのです

3億円以上の運営費―
 
ナレーター:
のしかかるのが3億円以上とされる桜祭りの運営費だ
アメリカの大口スポンサーが撤退した影響で財政情報が年々厳しくなっていると言うのだ

全米桜祭り協会 ダイアナ・メイヒュー理事長:
イベントを毎年続けるのには資金援助がとても重要ですがスポンサー探しは簡単ではありません
日本以外の企業にもスポンサーはお願いしています

ナレーター:
存続を危ぶむ声すら囁かれ始める中、自体は思わぬ方向に

リポーター:
関係者によりますと中国系や韓国系の団体が桜祭りへの資金提供を模索しているというのです
しかしそこにはある条件も含まれていました

>>2以降につづく
 
=管理人補足=